2010/5/18 宣言

ども、ぽろりです。

すっごい久しぶりなんですが、いたって元気です。
最近はヤクルトも半端なく弱いし、仕事もきついし、金もないしで、
まあいろんなことで変化はないです。

この間旅行にも行ってきたりしたので(結構前だけど)、
時間があるときに写真とかもアップしたいと思います。


で、実は最近、あれですよ。

そうあれ、

あれなんです。


え?あれ?








そう、太っちゃったんですよ!


もうね、おなかとかパンパン。
会社の人にも「ぽろりさん、おなかやばくないすか?」とか言われたり。
友人にも「むかしはお前やせてる感じだったけど、今もうまったくそんな感じしないな」と言われたり。
しまいにゃ、しゃがんだ節にスーツのお尻の部分が破けました!

マンガみたいに「バリっ」て感じで破けるかと思うでしょ・
違うんだなぁ。
実際に破ける時は、「ヌリっ、ヌリヌリヌリー」って感じでまったりと裂けて行くんです。
あれは恥ずかしさを超えて感動でもありました。
ちなみに小学校の時、ローレル指数はずっとDもしくはEでしたし、
身長173で体重も55を超えたことはほぼなかったです。

ということで、このオレ様にこんな日が来るとは思わなかったけど、
ダイエットすることにします。
走ります。
最初は近所から。
そのうちタイムトライアル?
で、ホノルルマラソン目指します!

ますは宣言!
たばこをやめたように。
[PR]
# by porori001 | 2010-05-18 00:30

2009/8/3 オーダー!!!

最近スーツを2着オーダーメイドしました。

といっても、そんなに高いものではなく、
むしろキャンペーン中で普通に買うくらいだったので、
せっかくなので買ってみただけです。

で、7月末に完成しました。
今までもちろんオーダーメイドなんてしたことありません。
なので、オーダーメイドとはいえ何を伝えたらいいのかわかりません。
しかも、小心者のぽろりのことです、たまーに何か聞かれてもよくわからないことには、
適当に「じゃ、それお願いします」のように答えてます。

で、結局自分で何をオーダーしてるのかわかりません。
出来上がったスーツはほぼ店員さんの言うがままのもの。

これってオーダーメイドといっていいものなの、か・・・?
[PR]
# by porori001 | 2009-08-03 22:43

2009/6/14  ポストカード

どうも、ぽろりです。

先日、とあるポストカードを購入しました。
まあ、「みつを」的なメッセージが書いてあるやつなんですが。
最近この手のもの多いじゃないですか。

そいでもって、その手のメッセージを見て感動してしまうこと多いんですよ。
書いてあること自体は普通のことなんだと思うんだけど、
それを見て感動するっていうことは、
「どんだけ普通のことが生活にないんだよっ」てことなのか。
そんなものを購入してしまう自分にかなりな自己嫌悪。

まあ、オレが普通の人間だったら普通の生き方してるわけで。
普通じゃなかったから普通じゃないだけで。

別になんにも悪くねえもん。
[PR]
# by porori001 | 2009-06-14 23:11

2009/2/9  Unknown

いろんな意味の自己嫌悪が襲ってくるというかなんというか。
覇気がないっていうかなんというか。
ダルいっていうかなんというか。
芝青っていうかなんというか。

そんなこと言ったって現状は何一つ変わるわけでもないので、
堪え難しを耐えるしかないのだけれども。
でも、いい加減その先に何があるってわけではないのに、
がんばる気力もなくなってきたというかなんというか。

それらがなんか外的要因で起こったことならば、
「まあ、そりゃ運が悪かったんだよ」と言えるのだけれども。
でも、残念ながらすべては自分の所行のせいであるわけで。

オレが少しはまともな人間であれば、
まあいつかは報われるのだろうとも思えるのだけれども。
でも、残念ながらオレほどのクソ野郎も滅多にいないわけで。

自分が抱えている悩み達は他人から見たら大したものではないってのは、
世の中の誰を見ても当てはまるんだろうけれども。
それでも自分の業の深さや罪深さから誰かが解放してくれるわけではないので、
永遠に抱えていかなくてはならないものだったりするわけで。

朝起きて部屋を出る瞬間に「ああ、早く帰りたい」と思うのだけれども。
じゃ、夜帰ってきて何を思うかというと「早く寝ないと明日の朝きついんだろうな」
ということだったりするわけで。

休日の解放感は人並みに感じているはずなのだけれども。
なぜか、土曜も日曜もベッドから這い出る気力がわかなかったりするわけで。

生きることに意味を求めることがどんなに無意味なことなのか、
それくらいは分かっているつもりなのだけれども。
それでも、何のためにこんな日々を過ごさなくてはならないのか、
理由が知りたかったりするわけで。

夜ごとベッドの中で自分の所行を振り返り、
「オレはクソ野郎だ」と呟き続けなければならない苦痛には、
残念ながら慣れというものはなさそうなわけで。

オレがもしクソ野郎ではなかったら、また違った人生が待っていたのだろうか。
「まともな人間であるオレ」ということが全く想像できないのでなんともいえないけど、
少なくとも今抱える苦痛のうちのいくつかはなかったかもしれないな。

そんなこと思いながら、部下の人生相談には、
「悩みがあるっていうことは人生が豊かな証拠なんだよ」という、
どっかで聞いたような戯言みたいな持論をもって勇気づけてみたりする自分がいる。
じゃあ、そんな言葉で今の自分を納得させられるだろうか。
たぶんそのこと自体は間違っていないと思うので、
この先もオレはそう思い続けるが100%納得がいくかっていうと、
そういうわけでもないだろう。
きっと、「そう思え!」と言い続けて生きていくのだと思う。

「自分の存在価値」なんて考えなくても、
今自分がしなくてはならないことをやりきれば、
誰かの何かの役に立つのは明白なのだけれども。
でも、なぜかそのどれも全くやる気が出ず。
だから「やってたとして±0だぜ、やってないから-10000だろ」、
のような状態になっちまう。

残念ながらオレはクソ野郎だ。
どうしようもないクソ野郎だ。
それはもうどうしようもないことで救いようのないことで、
何かが変えてくれるものではないし、
それを受け入れなくてはならないのもわかりきっていることなのだけれども。
受け入れて楽になれればいいのだけれども。
泣きわめいて赦しを請うて楽になれればいいのだけれども。
でも、残念ながら赦されることはなさそうなので、
永遠に「オレはクソ野郎だ」と叫び続けなければならないわけで。

そんなこと思っていても、結局はまた朝がきて夜がきてまた朝がくる。
そんなことの繰り返しで時間だけが過ぎていく。

オレだけじゃない、みんなクソ野郎だ。
[PR]
# by porori001 | 2009-02-09 03:06

2009/1/12 地球力検定

少し前に部下たちの間で流行っていたゲームだそうです。
先日教えていただきました。

いろんな名所や都市の場所を世界地図の上でポイントするだけ、
いたって簡単なゲームです。
もしまだやったこと無い方がいるならば、ぜひ一度やってみてください。

地球力検定はこちら

さて、一回目でどれくらい行きました?
二回目以降はだいぶコツをつかんでくると思うので、かなり高得点になるはずです。

でも、このゲーム、地図が小さすぎるのと時間があっという間に過ぎてしまうのとで、
意外と難しい。
っていうか、地図が小さすぎじゃないか。
この大きさの地図で、標的まで二桁の距離だったら、正解に等しいでしょ。
オレは一番近くでアスタナの34kmでした。

34km越えたら連絡ください。勝負しましょう。
[PR]
# by porori001 | 2009-01-13 01:45