<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2008/5/31  間違い電話

間違い電話って、人によって反応様々。

間違い電話がかかってくると、
何故か怒ってることが多いと思うのはオレだけだろうか。

かける側「もしもし」
受ける側「もしもし」
かける側「あれ・・・?」
受ける側「もしもーし!(半怒り)」
かける側「○○さんの電話・・・じゃないですか・・・?」
受ける側「ちげえよ!(怒り)」
かける側「あ、すいません!間違いました」

みたいな感じ。

携帯電話が普及してから数は減ったと思うけど、
でもまだ間違い電話自体はあると思う。
実際、昔の知り合いに電話したら古い携帯番号で、
現在は既に番号が変わっていたりすることは、
ままにあったりすると思う。

そういうときに思うのが「なんでみんな怒るんだろう」ということ。
そりゃ時間が深夜だったりすれば迷惑だろうけど、
普通の時間だったらそんなに感情的になる必要もないと思うのだが。
かける側もわざとじゃないわけだからそれくらい許してあげたっていいじゃん、と思うのですよ。

で、オレの携帯電話にはもう何十年もかけていない(つまりこれからもかけることはないと思われる)番号が結構あったりする。
で、それがたまたま短縮ダイヤルに登録されていたりするので、ちょっと厄介だ。

先日から酔っ払うと、「1」に登録されている番号に誤ってかけそうになってしまっている。
たぶん番号は変わっていないと思うのだが、連絡ついたらついたで面倒になりそうだ。
「おー、久しぶり。今何やってるの」的会話から始まって、「今度久しぶりに会おうぜ」となるだろう。

まあ、普通だったらいいんだけど、何円も連絡とっていない気まずさもあるわけで。
そっと、消しておいたほうがいいのか、間違い電話のふりをしたほうがいいのか。
とっても悩んでいるわけです。
[PR]
by porori001 | 2008-05-31 18:36

2008/5/24  修造ハートが足りん!

ども、ぽろりです。

最近熱くなったことありますか?
自問自答してますが、なかなか熱くなった記憶がないです。
ちょっぴり残念です。

どっちかっていうと、気持ちで動くタイプなんで。
ノッてる時は熱いんですが、ほとんどはそうじゃない。
まあ、ほとんどの人はそうなんだろうけど。

自分が苦境に立ってる時こそ、気持ちが大切なんていうのは、
松岡修造譲りの精神論ですが、
気持ちがなきゃあ乗り切れないのも事実なわけで。

「ふざけんなよ、逆境こそチャンスなんだぜ!」と、
大きな声で叫んで知る松岡修造のCMがありますが、ありゃすごい。
感動です。

これだけ強い気持ちがあればいろんなもんにぶつかっていけるかもしれないし、
ぶつかりゃ何かが変わるかも知れないし、
ああ、修造ハート、オレも欲しいぜ。
[PR]
by porori001 | 2008-05-25 13:42

2008/5/20  久しぶりのせたがや

後輩とラーメンを食べて帰りました。

なんていうか、残業で会社でるのが遅くなり、
3人で何か食べて帰ろうぜ、という話になりまして。

最近の流れ的に「酒」の匂いがぷんぷんしていたのですが、
3人ともものすごい警戒心まるだしで。
牽制のしあい。
酒というキーワードが1回も出ずにラーメン屋という選択になったのは、
みんな心の中に「酒」という字をえがいていたからだと思います。
とはいえ、ラーメン屋で一杯飲むので結局酒からは逃れられないのですが。

残業帰りにラーメン屋でビール、これってちょっと社会人みたいじゃないですか!
というか社会人なんですが。
何か久しぶりに普通の社会人みたいなアフターを過ごしていると、
3人ともしみじみと感じながら食べてました。

最近、平日週末関係なしに飲んで終電に乗れないことなんてしょっちゅうで、
次の日仕事なのに帰宅は3時とか帰れてないとかがざらだったので、
本当に「こういうのもいいもんだなぁ」と感じました。

ラーメン屋で語らい、いやあ、健全だ。
[PR]
by porori001 | 2008-05-21 00:31

2008/5/14  ハンバーグ

ちはす、ぽろりです。

今日は会社の帰りにハンバーグ食べて帰ってきました。
普段はハンバーグなんてこれっぽっちも食べたいなんて思う事はないのですが、
たまたま昼間にハンバーグの話をしていたら無性に食べたくなってきてしまったのです。

実は5・6年前、こともあろうにハンバーグにはまっていた時期があった。
懐かしいなぁ。
だいたい渋谷近辺だったんだけど、ゴールドラッシュとか良く行ってました。
あとは単発の洋食屋めぐってました。

その中でもお気に入りがあったのです。
まあ、チェーン店なんだけど「アルカサール」に行った時は、
もう全身鳥肌状態でしたね。
正直、大好物でした。

ほぼ生で食べれるハンバーグってそれまで食べたことがなかったので、
「うわっ!生なんだけど、これ」的感想が一番でした。
肉は生に近いほどうまくなるというのは私の持論ですが、
ここのハンバーグは「火を通しても肉はうまいんだな」みたいな感じでした。

残念ながら渋谷のアルカサールはその後なくなってしまった(ような気がする)ので、行っていませんでした。
が、本日、五反田のアルカサールに行って来たのですよ。
いやー、店内とかはチェーンだけあって同じような内装なので、
ものすごい懐かしさがありました。

味はっていうと、昔食べた方がもっと甘みがあっておいしかった気もしますが、
まあそれでもうまかったー。

これでしばらく肉は食べれません、とほほ。
[PR]
by porori001 | 2008-05-15 01:49

2008/5/11  事件簿

今日は珍しく恋愛話です。

とは言っても、もちろんオレの話ではありません。
しかもいい話でもないです。
ここ半年ほどの間で周囲の人間に起こった恋愛話です。

1・5月に結婚をするはずだった彼女を、知り合いに寝取られ破局(モリヒデ)
2・彼女の過去の浮気が発覚(会社の後輩1)

世の中こんなことなんてたくさんあるんだろうし、
むしろ男がやってる場合の方が多いんだろうし。
でも、全てがそうじゃないと言ってもこういった話が現実に起こるのであるならば、
やっぱり「こわいなあ」という思いが昔より強くなってくるのは確かだ。

昔、何かの名言集で(ネットですぐに出てきたけど)、こんなのがありました。
「恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。」
見たときは「なるほどねえ」とうなった気がします。

しかし、はたして、上みたいな目にあうのであってもマシなんだろうか。
例えば子供の頃の片思いの悩みとか、
彼女とうまく行かなくなった時の悲しさや、
好きな人に告白しても付き合えなかった悲しさとかだったら、
精神的なダメージを何度味わっても恋愛自体の価値を下げることはないと思う。
しかし、上記のようなことは恋愛の存在を完全に超えてしまうのではなかろうか。
恋愛ではなく人との信頼関係を根底から揺るがすことなのではないだろうか。

モリヒデはそれでもまた誰かと付き合うことができるのか。
オレなら絶対に女性に対してなんらかの偏見を持ってしまうと思う。
結婚式の日取りも会場も聞いていて、オレ自身その日をすごい楽しみにしていただけに、
オレも心から衝撃を受けた。

って話を会社の後輩2と話してたら、上には上がいた。
「オレなんて、昔付き合ってた子が自分の友達とホテルに行ったんで、
 2回現場に突入したことありますよ、ははは!」

それを笑い話にできるのか、お前は。
まあ、その話の女の子は普通じゃない子だったので、
そいつの恋愛の一般的なものではないのはわかるけど。
オレは絶対に耐えられない。

オレは彼女がいないからこんな目にあうことは無い。
今までこんな目にあったこと無いから、また誰かを好きになることはあるでしょう。
その時に好きになった人が、頼むからこういう人でありませんように・・・
[PR]
by porori001 | 2008-05-12 00:22

2008/5/10  紛失再発行

GW気分が何故かいまだに抜けないぽろりです。
というか、今頃になってホリデー気分になりかけてます。
いけない、いけない。
あー、旅にでたい。

先日、財布と定期を同時になくすというハプニングな目にあいました。
結果からいうと幸いなことに、まあ、オレの手元に帰ってきてはいるのですが、
正直顔が青ざめました。

ちょっと飲みすぎて家に帰れず、
終電なんてとうになく、
気付いたら財布がない!みたいな目にあってました。
財布は飲んでたお店に保管されていたので、
次の日速攻で取りに行きました。

定期ですよ、びっくりしたのは。
なんとイマドキの定期は再発行なることができるらしいじゃないですか!
知らなかったんですよ、これは。

電子マネー万歳というべきことなのかどうかわかりませんが、
PASMOは「紛失再発行」ということができるそうです。
あー、○万円の泣き寝入りをしなくて良いそうなのです。
昔からよく定期をなくし親に怒られる子だったので、
今の子供達はいいなあと心から思いました。

しかし、あの日によく家に帰れたもんだ・・・
[PR]
by porori001 | 2008-05-11 01:52

2008/5/6  ○○な瞬間

最近○○だった瞬間。

デジカメ用にSDカード買って家に帰ったら、
自分のデジカメがメモリースティックしか使えないと始めて知った瞬間。

「すごい良いCD見つけたので、焼いてあげますよ」と言われ、
家に帰って聞いたらそのCDは既に自分が持っていたものだった瞬間。

自分のマンションの前に帰ってくるまで
会社に部屋の鍵を忘れたことに気がつかなかった瞬間。

部屋はかなり密閉しているはずなのに、
小さい虫が飛んでいるのを見つけてしまった瞬間。

夜家に帰ってきたら目覚まし時計のアラームがONのままになっていたと気付いた瞬間

話の中で加藤ローサと言おうとして思わず田中ローザ(田中露央沙)と言ってしまった瞬間。
(大声@電車内)

ああ、どうなってんだ、世の中ってやつは・・・
[PR]
by porori001 | 2008-05-06 21:32

2008/5/5  負けたー

さて、やはり今日は見に行きました。
舞台はもちろん神宮球場です。

やっぱり読売には勝てませんでした。
残念です。
残念でしかたないです。

相手の先発はグライシンガー。
ホームランを打ったのはラミレス。
どうなってんだ、こりゃ?
いいのか、こういうことで?

とはいえ、日本で実績を出した選手を呼び寄せるというのは、
戦略としては正しいことです。
ヨーロッパのサッカーではむしろこの手法が定着しています。
小さいクラブが粋のいい若手を育てる
       ↓
ビッグクラブが高額で引き抜く
この手法がなければ、小さいクラブが生きていく方法はないのです。

読売・阪神・中日といったセリーグのお金がある球団は能力が未知の新外国人を探してきて
無理矢理使うよりは、他球団で実績を残した選手を高額で呼び寄せる方がいいのです。
選手としてもそういった道があるのであれば弱い球団でも成績を残そうと頑張りますし。


日本の野球界とヨーロッパのサッカー界の決定的な違いは
「移籍金」の有無です。
「契約期間内の選手を高額で売る」方法が日本の野球界にはありません。
つまり、FAまでは選手は移動できない代わりに移籍に伴う金銭的なメリットも
球団にはないのです。
まあ、これがあったら選手の移動が激しくなり、
同じ球団でも数年で人が全く異なってしまうことも有り得るので、
ファンからしても球団への愛着は薄くなってしまうとは思います。
ま、そんな話はいいとして。

いいよな、読売ファンは。
有名な選手が次から次へ来てくれて、そりゃ楽しいと思うよ。
オレも読売ファンになりゃよかったぜ、むかつくなぁ。
むかつくけど、これが正しいやり方なんだからしょうがない。

でも、読売側のスタンドの応援とスワローズ側のスタンドの応援を比べて見ていると、
選手がスワローズに愛着を持たないのもうなずける。
やはり、「選手がファンを呼ぶ」のではなく「ファンが球団を作る」時代なんだと心から感じます。
残念ながらスワローズは人気球団ではないので、
ファンが一丸となって球団を盛り上げていかなくては
「選手がスワローズを離れる傾向」はもっと強くなるでしょう。

でも、まあ、何十年もスワローズはそうやって来たわけで、
オレもそういうスワローズが好きなわけで。
どんな人気カードでも試合開始30分前にチケットがまだ余裕で手に入る、
まったりとビールを飲みながら応援ができる、
いつの時代も意外といい選手がそろってる、
そんなスワローズが心から好きなのも事実です。

前言撤回。
オレはこのチームが好きで本当に良かったと思います。
行け行け、ヤクルトアトムズ!
[PR]
by porori001 | 2008-05-06 02:11