<   2007年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2007/9/7  人生半年?

この前、自分の人生があと半年だったら何をするかと、
考えてみたんですよ。
ところが、やっぱり旅行とか好きなものを死ぬほど食う、くらいしか思い浮かばなくて。

で、タクマ氏はきっと「そこで思い浮かんだことをやってみろ!」
ってことを言いたかったんだと思うんだよね。
でも、実際に自分の人生があと半年だったらなりふり構わず実行もできるけど、
現実はそうじゃない。

そう、オレは半年たった後も生きていかねばならないのだ。
だとしたら、仕事はどうする?
生活ができなくなるよ。

あと半年の命だったらアフリカでも中東でも南の島でも行きたいよ。
でも、今オレがそれをやったらその後の生活はどうなるんだろう。
この世の中、犯罪さえしなかったら何とかなるかな、とも思うんだけど、
実際全部を捨てて「遊びに呆ける」なんてできないよ。
半年くらい働かなくたって、死にはしない。
だけど、そのあとにはまた仕事を探すことから始めるわけになるわけで。

あー、でも、確かに今の生活を続けることに疑問なら辞めちまってもいいのかな。
そこで「何かを得る」というよりも、今の生活に「終止符を打つ」ってことが大切なら、
オレみたいな考えも正しいのだろうか。
でも、その後、どうやって生きていくのか全くアテはないんですぜ。

後先何も考えなくていいならそうしたいね。
というか、後先考えたって、たかが知れてるし。
じゃあ、いっちょやっちまうかなー。

って、とりあえずボーナスまでは頑張ってみるか、
と思うところがオレの弱いところ・・・。
[PR]
by porori001 | 2007-09-09 12:47

2007/9/6  Typhoon

いやあ、台風すごいみたいですね。

夜の間に直撃したのでMAXの時は知らないのですが、
それでも夜寝る前や朝出勤時の風はかなりきついものがありましたよ。
近くの多摩川もニュースによると氾濫危険水位を超えたらしいじゃないですか。
河川敷は完全に水に飲まれたようですね。
野球場とか今頃はどうなっているんでしょうか。

オレは小さい頃から天変地異って好きなんですよ。
台風とか来ると自然とワクワクしちゃいます。
雹とか雷とかだったらしばらく眺めちゃいますよ。
まあ、地震は最近は笑えなくなりましたが・・・

今回の台風の爪あとはかなりなものですが、
済んでるところが高台のため全く気にならず。
でも、川沿いの人とかは怖かったんだろうなと思います。
一瞬ですが世田谷区から玉川1・2丁目あたりは
避難勧告が出されたそうですね。

いっそのこと会社が流れちまえばよかったのに。
[PR]
by porori001 | 2007-09-08 11:36

2007/9/5  Kettle

先日、久しぶりにCDをまとめ買いしました。
前から欲しかったKettleのCDです。

少し前に限定版を出してた時に試聴して「いいなあ」と思ってたんだけど、
なんかちょっと違う気もするのでためらっていたのです。
で、今回思い切って買ったんですが、
これがグッドなのよ。

オレはこういう分野を聞き始めてまだ間もないので、
なんていう音なのかうまく説明できないんだけど、
まあ、エレクトロニカです。

このKettle、静かな音からざわめくような音まで幅広いのに、
なぜかいい意味で体がだる~くなってくるような心地よさ(?)。
ほんとに不思議な音なのです。
もっとも、オレとしてはもっとアンビエント系のほうが、
落ち着いて聞けるので好きなのだが。

最近は後輩にもCDを貸したりしてエレクトロニカブームを作り始めてます。
みなさん、良い音があったら教えてください。

KettleのHPはこちら
なんかちょっとよくわかりません。
[PR]
by porori001 | 2007-09-06 23:32

2007/9/4  お金がない!

やべえ、金がなくなった。

今月は派手に使ったかあ?
チャリやらスニーカーやら、あと何だ?
飲んで?とかかな。

とりあえず気付けば金がないのです。
これはいつものことなのでしょうがないのですが、
一つ残念なことが。
9月は3連休が2回でしょ。
これ、どっかに行くべきじゃない。
だけど旅行費が全くないのですよ。

って言っても、海外とかに行くわけではないので、
そんなにかからないじゃないか、と思うでしょ?
その微々たる金すらないんですよ。
というか米も尽きてるから弁当も持っていけないし、
明日の昼は何を食べようか・・・

先週は3度ほど昼ごはんを食べませんでした。
まあ、これは単純に金だけの話じゃなくて、
食べる暇すらなかったからちょうど良かったんだけどさ。

ああ、誰かオレに食い物をくれい。
[PR]
by porori001 | 2007-09-04 23:52

2007/9/3  アワアワ

この前スニーカーを新調しました。

長い間ほしかったやつは、残念ながら日本に入荷予定が立たないということで、
泣く泣く諦めざるを得ませんでした。
ああ、あの時に買っておけばよかった・・・

今回買ったのは普通に売ってる量販タイプのものなのですが、
ちょっとデザインがかわいかったのでつい買ってしまいました。

で、いま、面白いもの売っているんですね。
スニーカークリーナー?だっけ。
簡単に言えば、スニーカーにシューットスプレーすると、
1分ほどで泡が汚れを浮かび上がらせてくれるらしく、
ふき取るだけで白くなるんだって。

そんなおいしいもの、買わない理由がない!
で、さっそくオレの持ってるやつで試してみました。
もうね、これ、何年履いているかわからないくらい汚れてるのね。
なんか、汚れなのか、柄なのかわからない、といった感じです。
で、ブシューっとやります。

おお、アワアワアワアワ!
面白いくらい泡が立つ。
これは期待できるんじゃないの?
で一分位してふき取ってみました!

あ、あれ?何も変わってないんじゃない?
というか、辛うじて今まで白かった部分もなんとなく灰色っぽくなっちゃったような・・・
あああ、またいらんもん買ってしまったわけだ。

ということでUnion of knives
もう半年たつけど今だにヘヴィーローテです。
[PR]
by porori001 | 2007-09-04 00:43

2007/9/2  Deadman

オレは自分の罪深さを呪う。

とは言っても何か犯罪を犯したわけではない。
だが、自分を取り巻く環境を振り返った時に、
それ以外の言葉が見当たらない。

今までオレがしてきたことが、
今になってオレに返ってきていると思えば、
因果応報という言葉はまさに核心を突いていると思う。

オレは今までにいろいろな人間に迷惑をかけてきた。
甘えてきた。
傷つけてもいるし、裏切ったりもしている。
だから、今のオレの周りには人間がいない。

人がいないというその環境自体は全くといっていいほど苦にならないが、
そこに至る経緯を考えると自己嫌悪のあまり吐き気がしてくる。
その時はこれっぽっちもそんなこと気にしなかった。
しかし、人間が他人に与えるインパクトを考えると、
オレが他人に対して行ってきたことはけして拭えない「罪」以外の何物でもなく、
その結果がこれだと思うと思いがけないくらいしっくりくる。
そんな人間がこんなにも毎日を平然と生きていて良いものだろうか。

今になって何故そんなこと思うようになったかはわからないが、
時間的に既にかなりな過去になってて清算されているようなものでも、
夜に目を閉じると思い浮かんでくるのだから、
今後ずっとオレはその罪の意識に苛まれ続けていくのだと思う。

しかし、それでさえ自分で行ってきたことに対しての報いであるのだから、
オレはそれを拒絶することはできないし否定することもできない。
その苦痛は全て事実であって、
オレが他人に与えた苦痛はこんなものではないはずだろうから、
耐え難い痛みを耐えるしかない。

何をしたらその罪を償えるのか。
答えなんて絶対にないんだけど、
毎晩オレは自分にそう問いかけている。
[PR]
by porori001 | 2007-09-03 23:48

2007/9/1  青はどこまでも青いんだっけなぁ

今日は下北で面白い写真集を見つけました。
タクマ クニヒロ氏の「ブルーノート」という写真集です。

写真はタイトルどおり「ブルー」で統一されていて、
非常に綺麗な作品だと思いました。
しかしオレが面白いと思ったのは写真だけでなく
彼の文章もなのです。

見開きに一行くらいの言葉で彼の半生が語られています。
「26歳の時に会社辞めてアシスタントになった」とか、
「未経験の人間が通じるほど甘い世界ではなかった」とか、
まあ、彼が会社を辞めて夢を追った半生が語られています。
それ自体は珍しいものではなく、
世の中にはこういった部類のものは多くあるでしょう。

「夢を追う」と言葉に表すのは簡単でしょうが、
ほとんどの人はそれが何だかわからないまま一生を終えるのではないでしょうか。
幸運にも自分の夢に出会えた人は、
タクマ氏のように自分の半生を語れるわけです。
ただ、それはけして簡単な道なのではないでしょう。
もちろん、深く調べるまでもなくこの写真集だけで
彼が紆余曲折の人生を歩いたことがわかります。

オレは特段やることもないし、
今更夢だなんて語るような年齢でもない。
今まで自分が生きてきたようにこの先も生きていって、
いつか死んでしまうんだろうか。
オレはそれを幸せと思うのか、
それとも「ああ、あの時あれをやっておけばよかったなあ」って思うんだろうか。

だったら早く自分の死に直面して何を思うのか知りたいな、と、
この写真集を見て思ってみました。
今まで自分の死に関してあまり深く考えたことなんてなかったけど、
「残りの人生」の時間的な捉え方を始めてしてみたという意味で、
非常に刺激的な作品でした。

自分の人生があと半年で終わってしまうとしたらオレは何をしたいと思うのか、
ちょっと真剣に考えてみよう。
[PR]
by porori001 | 2007-09-02 19:42

2007/8/31  おすそ分け

最近は食べるものが少しずつなくなってきてまして、
近所の後輩の家にご飯を食べに行くことが多いです。

米が尽きてからだいぶたちますが、
パスタだけで過ごすのも限界だなと思っている矢先なので、
非常に助かってます。

オレはそんなに凝った料理なんてできないんですが、
女の子ってのは普段からまともなもの作ってるんですね。
自分じゃ絶対に作らない(作れない)ようなものばかりが出てくるんで、
かなりびっくりしてます。

この前は魚料理だったんですが、
平日に魚なんて食うか?
オレの家には魚焼くグリルすらついてないっていうのに・・・

ということで、これからもいろいろ食べに行くと思いますんでよろしくです。
[PR]
by porori001 | 2007-09-01 11:52

2007/8/30  ゴルゴダの丘

最近はなかなか思うように更新できません。

今オレを取り巻く環境が少しずつ変わろうとしています。
これは単にオレの心境の変化によるものなのですが。
もう少ししたらかたがつきそうな、
でもどうもならないような、
そんな感じの状態です。

平常心に戻れるのはいつ頃なのか、
もうさっぱり見当もつきません。
療養を勧められたり、心配されたりばかりですが、
今しばらく様子を見てみたいと思います。

本当にやばくなったら、
その時はその時でなんとかなるでしょうし。
[PR]
by porori001 | 2007-09-01 01:13