「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2007/6/28  湿気

しかしこの湿度はないよ。

ここ数日で思いっきり湿度が上がりましたね。
梅雨ですからしょうがないですが、
はんぱない湿気嫌いのオレには耐え難い。
スナック菓子の湿気る速さの速いこと速いこと。
お香も湿気ります。
そりゃ洗濯物も乾かないよなあ。

湿気が高いと自然と食欲もなくなります。
暑くて食欲がなくなる事はないんだけど、
湿気にはかないません。
クローゼットくらい狭ければ意味があるかもしれないが、
さすがに部屋に湿気取り置いても意味ないよな。

湿気対策、誰か何か良い方法があったら教えてください。
[PR]
by porori001 | 2007-06-29 00:20

2007/6/27  Christopher o'riley

Christopher o'rileyというピアニストが出しているアルバム、
「True love waits・・・」というCDがあります。

「True love waits・・・」なんて書かれると、
ラブソング集のように見えます。
しかし、これ、全曲Radioheadのカバーなのです。

この人はもともとクラシックのピアニスト。
それが、Radioheadに傾倒するあまり、
ついにはカバー集を出してしまったそうです。

まあ、よくもまあこんな感じのアレンジを考えつくもんだ。
元の曲はRadioheadとは言え、これは全く別物です。
仮にRadioheadを知らなかったとしても、
きっとオレはこの作品を愛していたと思います。
オリジナルとは全く異なった空間を作り出してますね。
そもそもRadiohead自体が神々しいものですが、
このアレンジはより神秘的な感じがします。

とても優しくて、そして物悲しい、
不思議な感覚が味わえるので、オレの宝物の一つです。
[PR]
by porori001 | 2007-06-28 01:10

2007/6/26  最終回だけ

偶然にもドラマの最終回だけ見てしまう不幸。

これって結構きついんだよね。
時期的に最終回って色んなドラマが
ほとんど同じタイミングで放送されるじゃないですか。
だから、普段ドラマを見ない人間だと
こういうパターンにはまってしまう可能性があるのです。

しかも、最終回って必ず良い話じゃないですか、大概の場合。
今回、はまったと言うわけではないのですが、
「冗談じゃない」の最終回だけみちゃいました。
っていうか、話わかんないから、
なんていえばいいのか分からないけど。

思えばドラマじゃなくてもその番組が終わる直前に見始める傾向は
子供の頃から在りました。
すごい面白かった「笑わせろ!」も最終回から3回目くらいから見始め、
小学生(幼稚園か?)の頃に遡って「大人に良くないテレビ」は
最終回と言うか最終回の特番しか見れませんでした。
最初から最後まで全て見れたのは「良い国」くらいじゃないですかね。

のくせして、最終回だけ見逃す、というパターンもあります。
数年前にやってた「スローダンス」も
くだらないくだらないと言いながら見続け
挙句の果てに最終回だけ見逃しました。
ロンバケも最終回だけ見てませんね。
101回目のプロポーズや一つ屋根の下で、
なども最終回の記憶はありません。

ドラマって一回見ちゃうと次の週からその時間は
必ずテレビに費やされてしまうじゃないですか。
だから、ドラマがやってる時間はテレビをつけるのが怖いんだ。
[PR]
by porori001 | 2007-06-27 00:21

2007/6/25  シードル

スーパーで見つけたました。
すっごい昔は田原俊彦がCMをやっていたような・・・
あんま懐かしいんで一本買ってみました。

林檎のスパークリングワインですが、
文字通りワインなんですね。
なんとなく
「サイダーみたいなもんだろ?」
くらいの感覚だったのですが
しっかりワインなんですね。

まあ、アルコール度数で言ったら5%なんで
実際サイダーみたいなものですが。
子供だましですね。
しかし、ただでさえお酒の弱いオレのこと
すきっ腹とはいえこれくらいで良い感じになれてしまう。
あははははー。

これって幸せなことなんだろうか。
まあ、安上がりだから、いっか。
[PR]
by porori001 | 2007-06-26 23:23

2007/6/24  衝動

さて、実は部屋のサラウンドシステムを
買い換えようかなと考えているのです。

だいぶ前に購入しましたホームシアターセット。
今でももちろん重宝しております。
なんら不満はありません。
が、見つけてしまったのです、
恐ろしいほどの音を出力するブツを。

もともと、買い換えようかなんて考えてもいなかった
ある休日の昼下がり。
とある雑貨屋にてお皿とか椅子とか見てました。
まあ、グラスがないのでグラスぐらい買おうかなー、
くらいの気持ちでした。

で、フラフラ歩いてたら、
突然オレの耳の中で音楽が弾けたのです。
そう、本当に音楽が外部からでなく、
耳の中、いや頭の中で突然流れ始めたのです。

な、なんじゃ、この感覚。
これは驚愕でしたね。
いろんなサラウンドシステムを見たことがありますが、
例えばBOSEの誇る50万円のものでも、
こんな感覚は味わえませんでした。

余談ですが、そのときの店員さんが
「お前みたいな人間が買えるような代物ではないよ」的な視線で
オレのことを見ていたことは忘れられません。

しかも、今回のブツ、
その半額以下なんですよ。

実際買うかどうか考えるのは先になりますが、
素晴らしい物であることだけは確かっぽいです。
[PR]
by porori001 | 2007-06-25 22:14

2007/6/23  エスニック

今日はアジアンです。

アジアンに限らずオレはあんまりエスニック系って
行ったことがありません。
香草が苦手ということもありますが、
男同士でなかなかそんなものを食べに行こうという話には
ならないですからね。

ということで今回は珍しい経験であったりするわけです。
オレにとってアジアンなんて、
昔モンスーンでガパオとか食べたことくらいです。
ほぼ初体験。

なんていうかね、
こういうのって二手に分かれるじゃないですか。
屋台っぽいのとラグジュアリーな感じのと。
どちらにしろ異国情緒とかかもしだすもんだから、
完全に南国行きたくなります。

アジアンて言っても中華もありますし、
タイ料理、ベトナム料理とあります。
今回はインドネシア料理、だったのかな?
店の名前がバリなんちゃらだったので。

ちょいと今後エスニック、
攻めてみますか。
[PR]
by porori001 | 2007-06-24 14:23

2007/6/22  汗血馬

先日、馬に乗った夢を見ました。
蒼天航路の影響でしょうか、すごい昔の話だったような気がします。

夜中に何人かの男の人と一緒だったのですが、
オレだけ馬に乗っていなくて走ってました。

すると、どこからともなく仙人みたいな人が現れて、
一頭の馬をオレに与えてくれました。
その人はオレにこう言いました。

「この馬は普通の馬ではありません。。
どれだけ走っても疲れることはないし、
そのうちこの馬のもつ不思議な力をみな思い知るでしょう」

その馬に乗って他の人に追いついたオレは、
さらに走り続けました。
他の馬が疲れだし一頭また一頭と遅れだしても、
オレの馬は走り続けました。

そして、オレ以外の馬はいなくなりました。、
ふと気づいた時、オレの馬は空を飛んでいました。

この夢に意味はありません。
が、昔のモンゴルには汗血馬という馬がいたと言います。
何千里走っても疲れを知らず、
血の汗を流す馬だったそうです。

ヤフーの辞書検索では下のように出てきます。
「中央アジアの大宛(フェルガナ)に産し、
漢の武帝がこれを求めて遠征軍を送ったことで有名。
蒙古種(もうこしゆ)の馬に比べて、
背が高く大型で走力に優れる。」

種類が違えば能力も変わるのですが、
血が流れるまで走るっていうのはどうでしょうか。
単純にモンゴルの土煙を浴びて、
汗が泥の色になっていたのではないかと思いますが、
騎馬民族の操る馬術は中国人にとっては神業だったのでしょう。
「敵には空を飛ぶ馬がいる!」と恐れられても
不思議はなかったのではないでしょうか

今の時代、本当に汗血馬がいるのかどうかわかりません。
しかし、それを探すのもなかなか浪漫のある話です。
[PR]
by porori001 | 2007-06-23 14:41

2007/6/21  へーい

先日の客に続いて、本日は上司をキレさせました。

まあ、今回は半分狙ってやったようなもんなんだけど。
特段あなたに恨みは無いんですよ。
ごめんなさい。
でも、そんな気分だったんですよ。

オレが悪いんだから、
正直にオレが悪いってことにすれば
全部丸く収まるんじゃないの?
オレがそうして構わないって言ってるんだから、
黙ってそうすりゃいいんだよ。
その方がオレも楽になれるし。

客にとっても
会社にとっても
部下にとっても
オレにとっても
良いことなんだってことがわかんないのか?

打ち合わせでは話の方向がそれたことになってるけど、
残念だけど明日のプレゼンをやるのはオレなんだな。
打ち合わせ通りの話は絶対にやらないからな。

ええもう、ふっきれました。
どんな処分でもいいですよ、
遠慮なく、なんなりと。
オレはもう何にも怖くないから。

いい加減バカバカしくなってきた。
[PR]
by porori001 | 2007-06-22 00:56

2007/6/20  蒼天航路

そういや、蒼天航路、借りたんですよ。

先日会社の人から「三国志って読んでみたいんだけど何かいいの無い?」って聞かれたんで、
おススメしていたものです。

三国志っていうと日本人に最も馴染み深いのが劉備を主役とする演義ですが、
そればかりでもつまらない。
それでも、演義は人気があっていろんな小説・マンガがあります。
ぶっちゃけ諸葛孔明なんか現人神ですよ。

しかし、この蒼天航路、曹操が主役なのです。
知恵と力あるものが生き残るという戦乱の世の構図を考えると、
彼以上の英雄はいないと思います。
魏は好きではないが、彼のやり方は正しかったと言えるでしょう。

オレも蒼天航路は全部は読んだことありません。
少し長いのですが、
久しぶりに童心に戻ってマンガ等読んでみようか。
[PR]
by porori001 | 2007-06-22 00:50

2007/6/19  儚き夢物語

ああ、オレ様の夢がぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。

いや、この前買った宝くじ、
当たり前のようにハズレでした。
そんなんでショック受けるなよって感じなのですが。
昨日だったらショックじゃなかったんですよ。

今日会社の帰りに
「宝くじ当たったら」
なんて話で盛り上げられちゃってさ。
もう思いっきり億万長者気分な夢語ってきちゃいましたよ。
だから、ショックが倍増です。

そういや以前紹介したALLISTERと言うバンド、
ファンのみなさんすいませんでした!
この人達、れっきとしたメリケン人なんですね。
でも、日本語うますぎだよ。
日本の曲のカバー集だし。
逆に、英語うまい人達だなぁ、って思ってましたもの。

なんか、昔日本に住んでたことがあったらしくて。
いやあ、こいつはびっくりでした。
7月で活動休止らしいのですがぜひがんばってください。
[PR]
by porori001 | 2007-06-19 22:40