<   2007年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2007/5/19  二子玉川飲み道楽

ほい、プレゼンのことは忘れて。

今日は友人をに二子玉に招いて飲んでました。
わざわざよくこんなところに来るなあ、と言う感じです。
まあ、呼んだのはオレなのですが。

オレはお好み焼きとか立ち飲みとか行きたかったんだけど、
一緒にいた人が「チジミが食べたい」ということで、
本日伺ったお店は妻家房です。
オレ、韓国料理屋って焼肉屋以外行ったことがないので、
かなり新鮮でした。
見たことないものばかりで何を頼んでよいのか全く分からず。
結局全部決めてもらうと言う情けなさ。
ままま、いいじゃないですか。

で、その後、ほんとはVanilla Beansに行きたかったのですが、
混んでて入れず。
近くの地中海料理屋で飲んでました。

しかし、良く飲むこと。
[PR]
by porori001 | 2007-05-20 12:54

2007/5/18  イーアイーオー

今回はいつになく準備不足。
お客さんも激高でした。
はじめて泣きそうになっちゃったよ
まあ、それ自体はよくあることなのでいいんですが。

一番キレそうだったのが、うちの営業の突然の裏切り。
いや、お前、ほんとウザいよ。
お前わかんないんだったら、黙ってろよ。
オレが大人しいからって調子のってると、
ほんと一発殴るよ。
次やられたら、退社覚悟で殴ります。
ついでに客も殴ります。
それで、晴れて自由の身です。

お客が激高し立ち上がったり、
オレの上司がオレの発言をあわてて止めようとしたり、
営業の話にオレが噛み付いて内部分裂系を表に出したり、
って感じで、いい感じで最高潮の感を醸し出してきたプレゼンです。
次回は6月22日開催です。
いやあ、楽しみです、客がどれくらいキレるのか。
[PR]
by porori001 | 2007-05-20 12:04

2007/5/17  プレゼンツ!

きたきたきたきたー。

明日はよいよプレゼン。
最も苦痛な時間をあなたにプレゼンツ!
あー、ちきしょう!
これさえ無かったらな。

苦痛と快楽は表裏一体だと言われます。
昔のホラー映画「ヘルレイザー」でもこのことが主題になってます。
まあ、ちょっと表現は悪いけどMの人が多いのは
まさにこういうことなんでしょうか。
オレは生粋のSなのでこの気持ちはわかりません。

これが近づいてくると、大自然の中で生活していて野原や山を駆け巡る自分の姿が
頭の中をそれこそ駆け巡ります。
現実逃避ってやつです。
その間、完全に思考が停止しているので、
周囲の人からは「ぽろりさん、真剣な顔をして何考えているんだろう」と
思われるらしいです。

あああああああああああああああああああああああああああああああ。
[PR]
by porori001 | 2007-05-19 11:51

2007/5/16  パスタリゼ

うひー。

いまだにパスタの茹でる量がしっかりと決められません。
パスタを作るとき、必ずと言っていいほど分量を間違え、
2人分くらい茹でてしまいます。

「いい加減、分量くらい覚えてくださいよ」と
後輩からも呆れられてしまう始末。
そういったって、手で掴んだ時には絶対に少ないと感じてしまうんだもの。

今日はチリパスタ作りやした。
まあ、単純にチリソースで辛味を附けただけなんですけどね。
これ、辛い感じの味でなかったら絶対に食べきれなかったよ。

買出しでまとめて野菜を購入してきたのでしばらくは食べ物に困りません。
先週くらいから冷蔵庫の中身が空になってました。
奴隷リーマンからも「お前の冷蔵庫、酒しか入ってねえじゃん」と
突っ込みを受ける始末。
完全に自炊してないと勘違いされてます。

いやあ、今月は忙しくて買出しに行く暇が無いんだってば。
[PR]
by porori001 | 2007-05-19 11:38

2007/5/15  はまりもの

最近はまっているものがあります。

何を隠そう、TVCMでも流れていて、
街中で広告などを大きく見かけることのある、
「ヘルシア緑茶」です。

これ、最初は健康の為に飲み始めたわけではありません。
聞いたことはあったけど、何気なく手にとって買ってみたら
思いのほか美味しかったからです。

このヘルシア緑茶、かなり苦味が強いです。
最近は生茶の広告でも言っている通り、
甘いお茶が人気です。
しかし、このヘルシア緑茶はその全く逆です。

オレは苦いお茶が好きなのです。
好物のお茶漬けもお茶の出がらしみたいな
茶色く濁っている感じで食べてます。
まあ、出がらし茶は体には悪いようですが。

しかも、このお茶、
メタボリック防止に良いらしいじゃないですか。
これで毎日健康目指します。
[PR]
by porori001 | 2007-05-16 23:10

2007/5/14  イタイイタイ

あー、だるいよ。
会社に行くのがこんなにきつくなってくるとは。
最近は頭痛に悩まされてます、まじで。

肩なんてこったことないので頭痛なんて、
今まで二日酔いの時しかありませんでした。
しかし、通勤中に職場が近づくにつれ、
本当に頭痛がするのです。

余談ですが昔だったら胃痛だったでしょう。
無敵の体力を誇るオレも唯一弱点がありました。
それが「胃」なのです。
すぐに胃が痛くなります。
神経性胃炎ってやつです。
ここ数年は落ち着いてるのですが。

この頭痛、胃痛になったら本物です。
もしそうなったら、客をぶん殴らないと治りません。
あー、ほんとに一発殴れたらなあ。
[PR]
by porori001 | 2007-05-16 00:11

2007/5/13  行け行け、ヤクルトスワローズ!4

はい、連日の神宮球場です。
オレは野球バカです。
まあ、ヤクルト負けたんだけどね。

というか、勝っても負けても楽しいのが野球のいいところです。
年をとるにつれて投手の配球や打者の読みなどがわかってきたので、
一球一球が常に絶妙な味をかもし出すのです。

今日も最下位決戦にふさわしい締まらない試合。
昨日と比べて良かったのは序盤を抜かして最終回までは、
投手戦だったことです。
結果は8-6。
なんじゃこれ。

高津が打たれたんだからしょうがない、とは思わない。
今のヤクルトには高津以上のリリーフがいないことが大問題なのですよ。
何年前の投手なんだよ、一体。

ままま、試合後は初めて阪神のスタンドに行ってみました。
いやー、盛り上がってるね。
選手も幸せだろうなぁ。
かたやヤクルトの応援と来たら・・・。
見たことある人はわかると思うけど
「地味」の一言です。

そこが、ずばりスワローズっぽさ。
派手さなんていりません。
常にマイナー球団でいいのです。
だからこそ愛すべき球団なのです。

行け行け、ヤクルトスワローズ!
[PR]
by porori001 | 2007-05-14 22:56

2007/5/12  行け行け、ヤクルトスワローズ!3

今日は神宮です。
今シーズン初の野球観戦なのです。

この時期にヤクルト対阪神が最下位決戦だとはねえ。
いや、オレはヤクルトがこの位置にいること自体は何の疑問も持っていません。
しかし、阪神がこの位置にいることは想像できませんでした。

結果からすれば3-2の好勝負。
しかし、内容はもっと点が入っていてもおかしくない試合。
拙攻続き、投手の状態もよくない。
外見的には上記のような感じですが、
はっきり言って「最下位決戦」の名に恥ずかしくない、
締まらない内容でした。

でも、野球と言うのは面白いスポーツです。
ビール片手にほっと一息。
お菓子片手に投球批評。
大歓声に大悲鳴。
まあ、そんなこんなで時間は過ぎていくわけです。

e0082441_1215965.jpg
試合後はホープ軒。
見た感じあんまり美味そうに取れませんでした。


ってことで、頑張れヤクルトスワローズ!
[PR]
by porori001 | 2007-05-13 12:03

2007/5/11  だーだー

どんでもない夢を見て朝っぱらから不快な一日でした。

仕事でお客さんからウザイ指摘を受けたんで仲間にナメナメな感じで文句のメールをうったら、
送信先を間違えてお客さんに送ってしまった、という内容のものでした。
真っ青なんてもんじゃないよな、これ。
なんだってそんな夢をみるんだい。

いよいよ残り一週間です。
もうわかってますよね。
いつものやつですよ。
今回は来週の金曜日です。
オレもうほんとに嫌だ、あれ。
誰か代わってくんないかな。

ってことで、明日はちょっと仕事をしなくてはならなくなりました。
ああ、早くリタイアしたくなっちゃったよ。
でもオレみたいな人間にはそんなことできるわけもなく。
せめて、明日は早めに上がってしまいます。
それくらいは許されるでしょう。
[PR]
by porori001 | 2007-05-12 00:19

2007/5/10  異動

春です。
異動があります。
オレではありませんが、オレが異動になりたかった。

オレのチームから2人異動になることになりました。
現状はメンバーが入れ代わることが許されるような甘いものではなく、
可能であるなら誰一人動かしたくないのです。
まあ、しょうがないと言えばしょうがないのですが。
問題は取り巻く環境です。

チームには仲良し同期3人娘がいます。
そのうちの2名が異動になるのです。
そんな動かし方は無いと思われます。
残された一人の精神的なショックは想像できないほど大きいでしょう。

本日、その話を彼女にしました。
やはり、予想通り。
いや、予想以上だったかもしれません。
でも、オレには事実を変えることはできません。
これは仕事上の話だからです。

いろいろ状況はありましたが、
最終的に判断を下したのはオレです。
ない選択肢の中から選んだこの判断が、
吉と出るか凶とでるのか。

一人残される彼女の気持ちを考えたらあまりに不憫でたまりません。
ごめんね、だけどオレもどうしようもなかったんだ。
しばらくは、このことを考えたくありません。
[PR]
by porori001 | 2007-05-10 22:29