<   2007年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2007/5/29  めぐるめぐる、Tシャツはめぐる

Tシャツ買いました。

オレはTシャツはほぼここでしか買いません。
と、言ったらら大げさですが、
オレのワードローブの中でここのTシャツが占める割合は
オレの生活のエンゲル係数と同じくらいですかね。

オレはロゴTが好きでした。
反戦や反体制といった、強いメッセージをこめたロゴのTシャツが、
特にお気に入りでした。
数年前、反戦Tシャツを着て米国に行ったときは
さすがにやられるんじゃないかと心配した記憶があります。

前にも言ったかもしれないですが、
冬でもコートの下はTシャツですね。
さすがに半袖ってことはなかなかできないけど、
ぶっちゃけそういう日もあります。

で、ここのTシャツ、デザインは問題なく◎!
しかも、触ってみればわかるのですが、かなり丈夫!!
でも、何が良いってさ、安いんですよ。
2枚買って4000円だっけ?

で、何故か4年くらい前に買ったTシャツと
同じデザインのTシャツを今回買ってしまったことに、
家に帰るまで気付きませんでしたとさ。
[PR]
by porori001 | 2007-05-29 22:43

2007/5/28  涙

オレは女の子を泣かしたことがある。
最低の人間だ。

子供の頃の雪合戦で女の子に当ててしまったとか、
そんな話ではない。
大人になってからの話だ。
その原因が何だったのか思い出せないが、
その子が涙を流しているところは鮮明に記憶している。

その時にオレはどんな気持ちだったのだろうか。
それすら思い出せない。
ただ、変な話そのことに対して何故か後悔の念も浮かばない。
不思議なものだ。
そして、最低なことだ。

ただ、耐えられないほどの懐かしさだけがよみがえってくるように感じる。
それはもう自分にとっては錯覚でしかないのだが、
フラッシュバックみたいにオレを突然襲ってくる。

今オレがその子に何か思うことがあるわけでは無い。
思い出はいつでも美しいのと同じことで、
その感覚に近いのだろう。

でも、錯覚でないことが一つだけある。
それはオレが最低の人間だということだ。
[PR]
by porori001 | 2007-05-28 23:33

2007/5/27  kiss me, please!

キスされてみたいな。

今オレがキスをするとする。
でも、それは残念ながらその先に何か見えるものではない。
間違いなく相手もそう思っている。
オレはそれを知っていてそれを望んでいる。

だからそれはけして甘いなんてものではなく、
非常に後味の苦いものだったりする。
考えてみれば甘いキスをしたのっていつだろうか。
そんな記憶はとうの昔に消え去っている。

それでも、そんなキスであっても、
その瞬間オレはそれを望んでいる。
たとえそれが先のない相手であったとしても、だ。

何故なんだろうか?
深く考えれば考えるほどわからなくなってくるような気がする。
一瞬の高揚感を求めているのか。
擬似恋愛を求めているのか。
単にキスのしかたを忘れないためになのか。

いや、たぶん答えは出ているんだけど、
それを認めたくない自分がいる。
認めたほうがオレは楽なのだが、
残念ながらそれを認めてしまうわけにはいかない。
それも自分でよく分かっているから、
大丈夫だと思うよ。
だからキスをしてるんだけど、
キスをされることは絶対に無いんだ。

みんなそんなものなのかな。
[PR]
by porori001 | 2007-05-28 00:30

2007/5/26  下北ざわわ2

あー、頭痛い・・・

最近は寝起きが非常に不快なのですよ。
特に飲んだ次の日はもうなんて言うか、
体中は痛いし、
頭は痛いし、
気持ちは悪いし、
けだるいし。

でも、こりずに下北で飲んできました。
本日は下北っぽくないであろうお店、
茶話屋さんに行ってまいりました。
何が下北っぽくないって、
こんな裏道歩いていったところに
町家風なお店があるなんて、ねえ。
汁べゑは別だけど。

ランチは有名っぽく、昼の部は若者が多いようです。
しかし、夜は下北にしちゃ比較的年齢層高そうな感じがしますね。
下北に遊びに来る若者はこんな感じで飲まないのでしょうか。
オレは若くないのでわかりません。
場所柄カフェバーとか「なんちゃらDining」系のおしゃまな感じのお店が多いのでしょうが、
あっしはそんなおしゃまなところに入れる気がいたしやせん。

e0082441_1183716.jpg
写真はASSOのマスコットドッグ、ピチ子くんです。
店員さんいわく男にはなつかないそうですが、
見た感じでは性別関係なくお客さんになつかないようでした。


うーん、何度も言いますが、
美女と美酒以上の喜びはないよなー。
[PR]
by porori001 | 2007-05-27 11:12

2007/5/25  ?

何も書けませんね。

誰でもいいから本気で殴りたい。

いや、誰でもいいから殺したい。
[PR]
by porori001 | 2007-05-26 00:38

2007/5/24  !

あ”-、すげえむかつく。

なんとなんねえのかな。
[PR]
by porori001 | 2007-05-26 00:36

2007/5/23  Just do it

今日は早く帰ってきました、Just do it。

こんだけ早く家に帰ってくると、
逆にすること無いっていうかなんというか。
ほんとは本とかCDとかTシャツとか探そうと思ったんだけど、
わざわざ金を使うのも馬鹿馬鹿しいなと思って。
そういうところにいくと必ず何か買ってしまうのが
オレの悪い癖です、Just do it。

久しぶりにゆっくり過ごせるので、
ちょっと飲んじゃおうかな。
んで、音楽に浸って癒しを味わおうかな、Just do it。

そうそう、この前買ったCDでシタールの音の魅力を再認識しました。
今後しばらくはインド+エレクトロニカを集めてみようかと思ってます、Just do it。

語尾はマーク風です、Just do it。
[PR]
by porori001 | 2007-05-24 20:50

2007/5/22   夜空を見上げて

オレが生まれた場所、それは本当に尊い場所。
オレが生きている時間、それはかけがえの無いもの。

オレはたくさんの人の希望と夢を小さい背中に背負って
産声を上げたに違いない。
世の中の多くの人と同じように。

いつもオレは思っている。
そのうちのどれだけをオレはかなえられたのか、と。
今の自分に成長するまでに、
どれだけのものをその背中から振り落としてきたのか、と。
そして、そのうちの幾つかはまだ背中に残っていないだろうか、と。

オレはお世辞にも成功作ではない。
ちんけな野郎だし、
社会では使える人間ではないし、
仕事はできないし、
何よりも貧乏だ。
オレは、日々、自分の負の部分を隠すのに精一杯だ。

だけど、けして失敗作でもないと信じている。
そうでなければ、この地球上で誰が自分を信じてくるだろうか。
何もないからこそ、その心だけでも大切にしていたい。
そんなことできるのは自分以外に誰がいるのだろう。

ひょっとしたらこのままオレは自分が生きていた証を
後世に残すことなく消えていくのかもしれない。
写真さえ残らないかもしれない。
しばらく経ったら友人達も毎日はオレのことを思い出さなくなるだろう。
そうなったとき、自分で自分の存在を信じていなかったら
オレの人生はこの世に無かったことになってしまう。

人間はいつか必ず消えてゆく。
だから、オレもいつかは消えてしまう。
その時、オレは何を思うだろうか。
想像もつかないし、
こんなことを考えていたことなんてすっかり忘れているだろう。
でも、その時オレは「満足だった」と感じると思う。

そう思えるように自分を信じて生きてあげたいと思う。
[PR]
by porori001 | 2007-05-22 22:56

2007/5/21  月とピアノとオレ様と

ピアノ弾きたいなあ。

もちろん、そんなに上手に弾けるわけではありません。
でも、数曲は弾けたのです。
弾き語りだってできました。

が、もう今はだめでしょう。
以前よく弾いていた曲を頭の中で歌っていても、
指を動かしているイメージがわきません。

前にできていたことができなくなるって、
ほんとにもったいない。
こればっかりはしょうがないんだけど。

いつだって何だって、
振り返ったらそんなもんさ。
[PR]
by porori001 | 2007-05-22 22:21

2007/5/20  下北ざわわ

下北に行ってきました。
そこでナイスなモノ達に出会ってきたのです。
そのうちの幾つかは購入してきました。
本日はそのご紹介になります。

まずは、こちらから。
「GOLDEN EGGS」のDVDです。
MTV JAPANで放送していたものらしいのですが、
今日の今日まで知りませんでした。
店内にビデオが流れていたので何気なく見ていたのですが、
ものの1分で落ちました。
その場だけでなくしばらく笑いがこらえきれず、
店内をさまよっているうちもにやけながらだったので、
周囲の人達からかなり怪しい目で見られていたと思います。
買ったのはVol.1だけだったのですが、
面白いのでシリーズで買ってみたいと思います。
HPはこちら

続きまして、「Takasitar」のCD.
「Jantar Night」というアルバムです。
えー、アンビエント、つまり瞑想です。
簡単に言うと楽器の「シタール」と「エレクトロニカ」の融合です。
インド的な音楽をエレクトロニカと融合させると大概は怪しい音になりますが、
これはどっちかっていうとロマンティックな感じです。
夜空を見上げながら聞きたい一枚です。
ご紹介はこちら

お次は「border community」のCD。
こちらはエレクトロニカを前面に出したものです。
サイケほど怪しくないけど、宇宙空間に漂えそうな音です。
いや、自然回帰になりそうな音かな?
世界の終わりに聴くような音はこんな感じの音なのかもしれないと思う一枚です。
この文章ではわかってもらえないと思うけど、
かなりおススメです。
Takasitarとあわせてこの2枚で、
かなり遠くまで旅ができるはずです。
英語なのでよく分からないけど、
HPあるよ。

次もCD、「ALLISTER」のCD。
怪しい音続きですがこれは普通です。
日本のパンクバンドです。
「Guilty Pleasures」というアルバムです。
面白いのはこれ、カバー集なんですよ。
サザンやBegin、Mr.Bigやビートルズ。
これらをメロコア風にアレンジしてるのですが、
かんなりカッコイイです。
Beginの「島人ぬ宝」のカバーは本家よりもカッコイイですよ。

さて、次は革紐とピアス。
今はピアスをしていないので耳にするように買ったわけではありません。
以前後輩からもらったドリームキャッチャー。
普段は机の上においてあると申しましたが、
さすがにそれじゃ勿体無いのでペンダントにしてみました。
紐と連結させる金具で丁度良いのが見つからなかったので、
ピアスでつなげたわけです。
うん、これはお気に入りになりそうだ。

って感じの一日でした。
[PR]
by porori001 | 2007-05-20 23:40