<   2006年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2006/11/9  本

久しぶりに本を読みたくなって本屋行ったんですよ。

まあ、色んな本がありますよね。
オレは普段は基本的に歴史物しか読まないので、
普通の現代小説ってどんなものか急に興味がわいてきてしまいました。

簡単に言えば恋愛物からSFやらミステリーとか、あと何があるんだ。
なんとなくほのぼのしてて、恋愛とかじゃなくて、2・3日で読み終えられそうで、
なんにも考えなくても良いような本を探してみました。

やっぱりわずかの時間じゃ本て探せないよね。
面白い本を探すためには、ある程度下調べしてないと無理だわ。
オレが歴史関係でおもしろい本をすぐ探し出せるのは、
歴史が好きでいろいろと調べてるからなんだわな。

ってことは、逆に言えば温泉で野球選手が歴史を探索しているような本なら、
おもしろいと感じれるのかな?
[PR]
by porori001 | 2006-11-09 23:35

2006/11/8  夜

いやあ、だいぶ寒くなってきた。

夜寝る時はまだいいんだけど、
朝が寒いのよね。
さっきスーツ出しにクリーニングに行ったんで、
ちょいと軽い夜の散歩に行きました。

だいぶ空気が澄んできたみたいで、
空がいい感じの色になってきてます。
星も良く見えます。

とても良い季節です。
うれしい限りです。

きっと良いこともあるでしょう。
[PR]
by porori001 | 2006-11-09 22:57

2006/11/7  革靴

新しい革靴買ったんですよ。
さすがにこれはまずいってことで。

で、いろいろ探したんですがたまには色の違うやつ買うかってことで、
茶色い靴買いました。
まあ、色は良いんだけど、
ちょっと靴擦れが・・・

左足だけなんだけど、
くるぶしのところがイタイイタイ。
歩く時に内股でないと歩けないくらい痛いんだ。

後輩に絆創膏をもらって何とか落ち着きました。
加えてソールを入れたので多少は楽になりましたが、
まだ痛い。

これ、いつか慣れるのかな。
それともこの靴はいている限りずっとこのまま?
[PR]
by porori001 | 2006-11-09 01:16

2006/11/6  力と仕事

今カローラか何かのCMでさんま出てるじゃないですか。
「オレから仕事引いたら何が残るの?」
みたいなやつ。
で、考えたんですよ。
そもそもオレから何か引けるものがあるのか、と。

なんだかんだ言って普通の男は仕事が一番でかいはずだ。
だって、遊んで暮らせるやつにも社会にしがみついて生きてるやつにも、
「人に誇れる力」を訊ねたら絶対に社会で通用するようなことを言うに決まっている。
「オレは○○ができる」と思う人はきっとそれを仕事に使うはずだ。
「仕事以外のことに一番力を使ってる」って言う人がいたら、
そいつの発言を以後全くオレは信じない。

さんまは仕事がかなりでかいでしょ。
しかし、オレにとって仕事ってそんなに大きいものなのか。
確かに忙しいが、充実感や満足感があるわけでもない。
今は可愛い後輩達が苦しまないように
オレが出来ることをやってあげることが使命みたいなものだ。

何がしたい、この先ここでどうしたい、
なんてものを考える事もなくなってきた。
それって結構きついことだよね。
一つの場所で辞めないで頑張っていれば、
よほどへまをしない限り何かしら結果はついてくるだろう。

偉くなりたいとはそんなに思わないのがそもそも問題なんだろうか。
サラリーマンである以上出世しなくてどうするんだ、と言う声が聞こえてきそうだ。
そうだね、確かにその通りだ。
何もないならせめて偉くならないと。

内容だってあらかた興味薄れてきてるだろ、でも他の場所で勝負しないんだろ。
出世できなくても何か他で満足できるならいいよ。
でも、そんなものないんだったらせめて一つの場所を極めてみろよ。
それからだろ。

今のオレは誰の役にも立っていない。
でも、きっと後輩達にも何か見せれるはずだ。
そうなったら何かが変わっているのか。
せめて変えれるように頑張らないと。

「オレから仕事を引いたら何が残るのか?」
少なくともそう問えることが出来る人間になってみろ。
そう問える人間はきっと何かを持っているはずだから。
[PR]
by porori001 | 2006-11-06 23:47

2006/11/5 スーツ論

男性のスーツに姿に「萌え~」な女性は多いと言います。

パーティーなどのドレスアップ時は別として、
社会人として人前に出るための服ですから、
普段着の中で最もしっかりしている服なのです。
当然と言えば当然かもしれません。

とか言うオレも女性のスーツ姿に「萌え~」な男です。
あれは良いよ。
なんていうか、しっかりして見える。

不思議なもので、
茶髪の男がスーツをいくらかっこよく着こなしても、
なんとなくホストに見えてしまうことが多い。
かっこいい人もいるが大抵は安っぽく見えてしまう。

同じようにオレは茶髪の女性がスーツを着ていてもあんまり萌えない。
やっぱり黒髪でしょ。
まじめに見えるもの。
清楚に見えるもの。
たぶん「スーツな女性」というのが今のオレの中で
比較的重要なファクターだな。
まあ、オレに萌えられても困るか。

で、朝の通勤ラッシュでもスーツで黒髪な女性を見るだけで、
機嫌が一気に良くなってしまうおバカなオレです。
[PR]
by porori001 | 2006-11-06 22:09

2006/11/4 久しぶりのDT論

久しぶりにDT的議論です。

DTとして語ってました。
そもそも、男なんてSEXのことしか考えてないんだよ、わかってないねぇ。
と、言い切ってしまってました。
うーん、でもまあ、確かにエロスというのは重要な要素なので、
遠からずって感じなのかな。
あくまで、DT論なので現実とはずれがありますが。

最近のこのDTぶり、
かなりエスカレーションしてきてます。
今日テレビでフィギュアやってたんですよ。
で、綺麗な白人の女の子とか出てくるじゃないですか。
でで、胸の谷間とか映し出されるじゃないですか。

もう止まりません。
発言の内容は放送禁止系ではないですが、
あまりにおバカすぎるので載せるのは控えておきます。

DT、最高です。
[PR]
by porori001 | 2006-11-05 17:44

2006/11/3  開かねえ

開かねえ。
びくともしねえ。

さっきトルティアチップスとディップソース買って来たんだ。
たまにはスカシたものでもかじりながら
休日の夜を過ごしてみようと思ったのです。

しかし、何故かディップのビンのふたが開かない開かない。
いくら力を入れても全く動く気配がない。
しまいなにゃ手が痛くなってきた。

で、ネットで調べたんですよ。
こういうときにはどうするのか。
なになに、暖めればすぐに開きます、とな。

そうかそうか、では熱湯ドバドバ~。
これで開くべ。
だってそう書いてあるんだもの。
でも、何でふた君、全然動いてくれないの?

っていうか、これ、かなりいらいらするんだけど。
何でこのオレ様がこんなに悪戦苦闘しなきゃいけないの。
てか、早く開けよ、このー。

だめだ、もういらない、こいつ。
[PR]
by porori001 | 2006-11-04 20:05

2006/11/2  帰りました

地元の方で飲みがあるって言うんで、
ついでに実家に帰ったのです。

まあ、ついた時の記憶はないんだけど。
遠いわけでもないので、
地方の人みたいに感慨があるわけではないですが、
おばあちゃんの顔を見るとほっとするような気がします。

うちのバビー(?)は御年90になられました。
素晴らしい。
しかも、母も働いている人間なので
家事をしているのもバビーなのです。
素晴らしい!

ほんとは写真とか載せてあげたいんだけど、
昔の人だから魂が抜き取られるとか思っちゃいそうだし、
何より普段やらないことやったおかげで
「冥土の土産」なんて思われてしまっても困るから撮りませんでした。

実家に帰ると至れり尽くせりでなんか悪いなあと思ってしまうもんなんだね。
オレは家を出てまだ日が浅いので普通の感じ方がまだできません。
こういうのも慣れてしまうものなのだろうか。

バビーは二言目には帰ってこい帰ってこいって言うんだけど、
ごめんね、そういうわけにもいかないんだ。
でもまあ、また年末には会えるんだからいいんじゃない。
なんだかんだいって良く帰ってるほうだよ、オレは。
だって、家族大好きだもん。
[PR]
by porori001 | 2006-11-04 19:52

2006/11/1  おでん

さて、おでんの話です。

おでんを嫌いだって言う日本人はあまりいないんじゃないでしょうか。
昔から「冬の飲み=おでんもしくは鍋」というのが一番ありがちな発想だと思います。
で、おでんです。

おでんは基本は昆布出汁で作るのかな。
ほとんどの家庭では昆布を最初に入れているからそうなんでしょう。
ところがどっこい、カツオ出汁のおでんもあるわけで。

文字通りカツオ出汁、関東の人間にはなれている味なのです。
色は醤油も入っているので色は黒い。
透き通った昆布出汁に慣れている人にはちょっとなじみにくいかもしれません。

この言わば「関東風おでん」、もちろん昔からあるのは間違いないのですが、
ここ最近ブームだったそうで。
オレも実は好きだったりする。

店にわざわざ「関東風」とうたっているあたり、
まだまだ多くはないのだろう。
でも、オレはぶっちゃけ好きです。

そもそも基本的には実家は関東人ばかり(母以外)。
西日本の味付けでは物足りないのです。
だから小さい頃は昆布出汁が珍しくて、
外ではうどんからなにから昆布出汁が好きだった時期もあった。

でも、ここ近年回帰現象が起こってます。
カツオでしょ、やっぱり。
できればカツオも昆布も両方使いたいがそんな贅沢ができるわけがない。

今度うちでもおでんを試してみよう。
[PR]
by porori001 | 2006-11-01 23:55