<   2006年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2006/5/19 晴れ

こんにちは。

いやあ、良い天気です。
最近は更新の日付が実際の日付に追いつきません。
でもまあ、記事ベースで毎日更新しているので、
特に問題は無いでしょうか。

さて、良い天気と言う話になりましたが、
五月晴れなんて久しぶりですね。
部屋の掃除や布団干しなど家のことをするにはもってこいです。

でも、午後にはどこかに出かけたいよな。
散歩でもするかな。
こういうときに電車賃も無い状況だと、
もうこれふらふらするしかないじゃない。

ということで、どこに行くかわかりませんが、
とりあえずどこかに行ってきます。
[PR]
by porori001 | 2006-05-20 11:13

2006/5/18 携帯から

はい、初めて携帯から更新させていただきます。携帯からだとどこらへんで改行なのか、全くわかりません。なので、とてつもなく読みづらい文章になっているのではないでしょうか。しかも、オレの携帯では250文字までしか送れないのでめっちゃ短い文になるのかな?なかなか最近は面白いネタがないですが、まあみなさん許してくださいな。オレだって舞い上がっちゃうくらい嬉しい話やか~っとなっちゃう話とか書きたいんだけど、そんな話は滅多にないんですよね(T_T)←絵文字とか携帯風でしょ。以上、今日は携帯からのぽろりでした。
[PR]
by porori001 | 2006-05-19 20:49

2006/5/17 チャンピオンズリーグ

こんちわ。

みなさん、いよいよです。
ヨーロッパサッカーの頂点を決める一戦。
世界最強のクラブチームを決定する戦いといっても過言ではない戦い


そう、言わずと知れたチャンピオンズリーグの決勝です。

なんと言っても世界最高峰の一戦です。
外すわけにはいきません。
朝3時起床ですよ。
もう、気合です。

いやー、熱い試合だった。
今世界でもっともスペクタクルなサッカーをするチーム、
バルセロナのサッカーが見れただけでも幸せです。
攻守の切り替えの早さ、一つ一つのプレーの洗練さ、
まるで黄金期を迎えていた数年前のレアルのお株を奪うようなサッカーでした。
ボールはワンタッチ・ツータッチで仲間内を回ってゆく。
これが数年前には逆に崩壊寸前といわれたチームと同じチームなのかと目を疑う感じです。

対するアーセナルは内弁慶と名高いチームですが、
やっとヨーロッパの本戦でその実力を発揮しました。
ボールを奪ってからのスピードという点では、
バルセロナを凌駕するかもしれません。
イングランドとスペインという違いはありますが両者とも爆発的な攻撃力を持つチーム。
いやおう無しに期待してしまいます。

内容は、まぁ、見た人にはわかりきっているので触れません。
こんなレベルの高い試合が常に見れるヨーロッパ人が
うらやましいですね。
[PR]
by porori001 | 2006-05-18 16:14

2006/5/16 弱気

さあ、本日はほんとにネタがないですよ。

なんと言っても、眠いのです。
まぁ、昨日みたいな平日に更新が無かった時点で、
賢明な読者の皆様は感づいたのではないでしょうか。

しかし、最近は新人研修の担当者として
非常にシビれます。
まず、自分自身がしっかり業務を理解していることはあたりまえ。
続いて、的確に伝達しなくてはなりません。
つまり、私自身が同時に試されているわけです。
もうめちゃくちゃです。
故に、非常に疲れるのです。

人間疲れてくると弱気になります。
非常に弱気です。
[PR]
by porori001 | 2006-05-17 21:41

2006/5/15 グッバイ、悪臭

うちに洗濯機はありません。

普通、洗濯機設置予定場所には、
洗濯機用に排水口が床から伸びています。
これはどこの家にもあるものです。
しかし、うちに洗濯機はありません。
そこが問題だったのです。

そのスペースは以前ゴミ箱が無かった頃、
大きなゴミ袋を置いていました。
しかし、そこのスペースから一ヶ月くらい前から、
なーんか変な臭いがするんですよ。
なんかこう、ゴミが腐った臭いというか・・・。

オレはてっきり壁にゴミ臭が染み付いてしまったと思ってました。
まだ、4ヶ月くらいしか住んでいないこの部屋に悪臭ですか!
こいつはまずいと思ってお香を焚きまくりました。
お香好きなので幸い常にストックはあるのですが、
どんなに強いお香を焚いても炊いても、
全く臭いが取れないではないですか。

こいつはおかしい。
ほんの少し小さな虫まで飛んでいる気もする。
まずい。
このオレの天敵、虫。
いや、蟲と呼ぶべきか。

もうオレは気が狂う直前でした。
しかし、神はいた。
原因は、その排水口でした。
その排水口は地下の汚水道に続いています。
そこから、ある一定の間隔で風が吹いていたのです。

風が吹くたびに悪臭が部屋にまかれていたのです。
危ない危ない。
厳重にビニール袋を被せ、
もうガムテープでぐるぐる巻きよ。
おかげで清潔な生活が戻ってきました。

良かった良かった。
しかし、現実問題、
早く洗濯機持ってこないと。
[PR]
by porori001 | 2006-05-15 23:29

2006/5/14 高級住宅街

こんばんは。

久しぶりに代官山に来ました。
いやー、良いですね。
仕事じゃなくて代官山にいるなんて、
まだ少し違和感ありますが。

久しぶりに来てみるとお店とか
だいぶ変わってきていることが良く分かります。
それにしても人が多くて凄いですね。
お店とか見ようとしてもなかなかめんどくさいので、
ウィンドウショッピングやめて散歩にしました。

で、鶯谷町から猿楽町にかけての高級住宅街側を
散歩しました。
外国の人とかが多いのかな?
表札がアルファベット表記がいっぱいなのね。

少し曇っている天気、肌寒い感じの空気。
新緑の季節じゃないですか。
なんか、気分が良くてうきうきでした。

閑静な住宅街なので誰もいませんが、
何か自分がそこの住人になったような錯覚に陥りそうです。
もちろん、オレはそんなところに住むような人間には
一生かかってもなれません。

どんな人が住んでいるのか、
一回お会いしてみたいです。
[PR]
by porori001 | 2006-05-14 23:31

2006/5/13 たった一つの

こんにちは。

お香とか買いに行ったんですよ、
久しぶりに渋谷ぶらぶらして。
で、いろんな店覗いて。
いやぁ、若者の消費への憧れって凄まじいですね。

オレも昔はいろんな服買ったりしてたんだけど、
もう渋谷で買い物なんてしなくなりましたね。
まぁ、飲んだりはするけど、
遊び場が渋谷って感じではなくなった。
それはもちろん年齢的な部分が大きいでしょう。

で、帰り際にドンキ寄ったんですよ。
ベープマットとか芳香剤とか緒物を買いに行ったんです。
そしたらね、レジでね、前に並んでいた女の子が
「あるもの」を買っていたんです。

推定年齢21歳くらい。
髪は黒く、どちらかと言うと大人しめな感じのする女の子でした。
彼女はレジでたった一つのものを買っていました。
たった一つ。
それは「ラージサイズ」のコンドーム。

ただでさえ女の子が一人でコンドームを買っている場面に
遭遇することなんて無いのに、
ラージサイズですよ!
さぁ、バカなオレの脳内にはアドレナインが。
想像が止まりません。

きっと彼女にはアメリカ人の彼がいるのです。
そう、彼の名前はジョニー。
出会ったきっかけは英会話サークル。
ジョニーは普段は横須賀の海軍基地にいます。
滅多に合えないからこそ、
彼女は彼と会った時にいかなるミスもおかしたくないのです。
二人はとても幸せです。
しかし、彼女にはたった一つ心配事がありました。
そうです、ジョニーはコンドームを使ってくれないのです。
もしも、万が一のことがあってからでは遅いのです。
だから、彼女は恥ずかしい気持ちを押し殺しこの
「ラージサイズ」のコンドームを買っていたのです。
良い話じゃないですか。
麗しい話じゃないですか。

なんてことを考えているうちにオレのお会計の番でした。
「4500円になります」
「あ、はい、ちょっと待ってくださいね。あれ?」
「・・・・・」
「・・・・・」
「・・・・・」
「・・・・・」
「・・・・・」
「すいません。その中からワックス抜いていただけますか・・・」
オレの後ろには長蛇の列。
オレの方が100万倍恥ずかしいじゃないか。

ちなみにオレはコンドーム派です。
Safety Sex推進派です。
[PR]
by porori001 | 2006-05-14 20:06

2006/5/12 ふーん

ひでぇ飲みだった。

少し遅めの新人歓迎会だったんだけど、
案の定記憶なくなりました。
覚えているのは、
一人が噴水に飛び込んだ上びちょびちょになってて定期なくしたとか騒いでるところ、
一人が頭からビールかけまわしてるところ、
一人が隣の客にマジ切れしてるところ、
一人がビルの下のベンチのところで「やべぇ、マジやべぇ」とかぶつぶつ言ってて
何か知らないけどブルーになってるところ、
以上です。

会社の公式の飲みだからマネージャや責任者や営業の人も参加します。
だからおとなしい飲みなるだろうとみんな予想していたらしいのです。
蓋を開ければスタートからピッチャー一気で始まってました。
だから、こういうのは野郎会のときだけにしとこうよ…。

結局オレは用賀に帰れず、
実家に帰りました。
地元の駅からは実家まで歩いて30分くらいあるんです。
だから、普段はチャリを使用していました。
今回、ベロ酔いの上、どこを歩いているのか分からず、
2時間くらい歩いていたと思います。

あー、まだ気持ち悪いよ。

ちなみに「Domestic Violece」で検索すると、
このブログが上から2番目でヒットします。
[PR]
by porori001 | 2006-05-13 16:15

2006/5/11 悪夢

悪夢。

目がさめたら時計はまだ4:30を指している。
外はやっとうっすらと明るくなってきはじめている頃、
オレは瞬間的に目を覚ました、
文字通り汗びっしょりで。

こんなオレでもぴっころがいてくれたように、
今までに彼女がいたことがあります。
世の中には物好きがいるもんだ。
まぁ、例にたがわず全てオレがフラれて終わっているんですがそれは内緒で。
その人たちの中でも特に想い入れの深い女性がいました。
もう何年も前のお話です。

悪夢というのはまさにその女性にまたフラる夢だったのです。
現実の世界で過去に実際に起こったように
離れていくその子の気持ちをなんとか引き戻そうと、
夢の中のオレは必死でした。
そこに現れる一人の男性。
二人仲良く手をつないで歩き去るではありませんか。
夢の中の彼女は、オレとは違ってエリートっぽいその男性と
すでに意を通じ合っているようです。
オレはその事実を知り愕然とします。
これはきついよ、実際に起こったら。
涙ながらにその男性と彼女の背中を見送ることしかできず…
という内容でした。

なんじゃ、ゴラァ。
何年も前のことなので何でそんな夢を今更見るのか
理由が分からず不快なんです。

今まで全てオレがふられているので、
オレが何か間違っているというのは分かるんだ。
だけど、毎回毎回違う付き合い方をしているのにもかかわらず、
それでもふられ続けるというのもどうなんだろうね。

誰かにフラれるというのはいつでも嫌~なものです。
それはけして変わらないことです。
それでも、だいぶフラれる事にも慣れちゃったよ。
[PR]
by porori001 | 2006-05-13 15:39

2006/5/10 がんばれ、日本

日本、負けてしまいましたね。
サッカー新興国、まだまだ、世界の強豪には歯が立ちません。
たとえ相手が2軍であっても、です。

どうやったら日本は強くなるのか。
数多くの批評家達が持論を展開しています。
ファンが100人いれば批評家が100人いるのと同じ事。
サッカーの議論をすれば皆とてもユニークな持論を展開しだします。

さて、オレの持論(サッカー未経験者)はというと。
結局3バックが最も日本にあっているのではないでしょうか。
トルシエ監督が日本に持ち込んだ新しい概念、
フラット3が一番適しているのではないでしょうか。
人の策なので厳密に言うと持論ではないかもしれませんが。

身体能力に劣る日本人はやはりパワープレーではかないませんよね。
DFもガチンコで競り合ったらやはり弾き飛ばされてしまうでしょう。
ということは、クレバーにオフサイドトラップを取りに行く方が良いと思います。

幸いなことに日本には前線の選手より中盤の選手のほうに
より優秀な選手が集まっています。
もちろん世界の中で突出したレベルの選手ではありませんが。
中盤で相手のパサーに前を向かさないくらいのプレッシャーがかけられれば、
たとえ世界一のフォワードであってもやすやすとDFラインを突破することは
難しいと思います。

やはり守備から。
スモールサッカーです(?)
[PR]
by porori001 | 2006-05-11 00:31