<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2006/4/9 コーヒー牛乳

さて、今日で休みも終わりですね。
明日からまた一週間つらい毎日が始まるわけです。
あああ、何で日曜日の夜って言うのはこんなに憂鬱なんだろうな。
明日が待ち遠しいなんて誰が言ったんだか…。

さて、銭湯の風呂上りといえば、コーヒー牛乳でしょう。
どこの銭湯にも必ずあるこのコーヒー牛乳という飲み物。
はい、調べてみましたよ、コーヒー牛乳を。

「コーヒー牛乳(コーヒーぎゅうにゅう)とは、
牛乳などの乳製品にコーヒーで味付けした飲料の通称である。
日本では第二次世界大戦前から飲まれていて、
人気のある飲料の一つであり、駅や銭湯などでよく飲まれる。
銭湯では、腰に手を当ててビンからラッパ飲みをするのが定番の飲み方である。
この名称については、2003年以降、
日本では生乳100%のものしか「牛乳」と表記することができなくなったため、
正確には「コーヒー入り乳飲料」となり、
実際の商品名には、「ミルクコーヒー」、「カフェ・オ・レ」、
「カフェ・ラテ」などとつけられている。」

えー、これはWIKIPEDIAからの抜粋ですが、
定番の飲み方まであったんですね。
小さい頃、実家のそばの銭湯に父親と二人で行ったことがありましたが、
父親はコーヒー牛乳など買ってはくれませんでした。
単に外で飲み食いするなということなんでしょうが、
幼い僕は非常に残念だった記憶があります。
えー、何か昨日から変な話になり気味ですが、
まぁ、風呂上りにはコーヒー牛乳でしょ、ということを、
言いたかっただけなのです。

で、今日はうちのそばの檜風呂のある
富士の湯に行ってきたのでありました。
[PR]
by porori001 | 2006-04-09 23:14

2006/4/8 家族屋

こんばんは。

今日は先日知り合いになった役者のヒデさんの舞台を見に行きました。
彼とは以前ねえさんが働いていた立ち飲み屋に
みんなで飲みに行った時知り合いになったのですが、
初対面の時からありがたいお話を伺うことができ
非常に勉強させていただいております。

今日の舞台のテーマは家族でした。
家族、それは最も小さい社会的な組織ではないでしょうか。
そのあり方というのは、千差万別です。

舞台では5・6の家族が入れ代わり立ち代りに演じられます。
母親のない男だけ4人の家族。
反対に父親のいない女4人の家族。
キャリアウーマンの母親と無職の父親のいる4人家族。
工場の事務をしている姉と陸上の選手を目指す弟の二人家族。
そして、20年前に父親が家出した4人家族。

そこに家族屋が登場します。
時間制で臨時に家族を貸し出す家族屋。
ある時は父親、
ある時は家族思いの働き者の妹、
はたまた、頭が良いが5浪中の長男、
あたまのちょっと悪い子供。
様々なニーズにこたえるべく、家族屋は演じます、
「何か」が足りない家族の「何か」を埋めるために。
しかし、家族屋がいくら家族を貸したところで
けしてハッピーエンドはありません。

脚本を書いている人は10を見せるより、
5を見せて残りの半分は観客自身に考え出させる性格なので、
はっきりとした結論はありません。
しかし、結局はそんな仕事が必要とされることがないことが
一番幸せなんだということがメッセージなのかもしれません。

オレは小6の時父親をなくし、以後は母親に育てられました。
っしかし、残念ながらお世辞にも母親思いの子供などではなく、
母親が頑張れば頑張るほど調子に乗る子供でした。
片親であることの苦労など全く考えない子供でした。
本当に恥ずかしい限りです。

反対に姉は至極まっとうな、いや、まっとう以上にまともでした。
浪費なんていう言葉は彼女の辞書には無く、
お金に関しては非常にデキた女性だと、今でも思います。

そんなオレは家族のあり方など考えたことがありません。
父親が亡くなったときも何かの感慨があったわけでもありませんでした。
しかし、本日の舞台はまさにオレには痛い舞台でした。

何かが足りない家族。
でも本当は何かが足りないのではなく、
何かが足りないと「思ってしまっている」家族がいるだけなのです。
母親がいなくても、父親がいなくても、両親がいなくても、
子供がいなくても。
家族は家族、幸せな形はあるのです。
劇中、こんな台詞があります。

キャリアウーマン(会社の経営者)の母親が突然失業し、
それまでうだつの上がらなかった父親が再就職に成功し
発する言葉。
「オレはお前ほど器用ではないからお前ほどの大成功は望めない。
だから、こつこつうだつの上がらないサラリーマンを一生続けるだろう。
だけど、小さな幸せでもいいんじゃないかな。」

まぁ、そこは劇なのであくまで現実ではありません。
だけど、家族がいることによって得られる小さな幸せって
人間の周りにはいくらでもあるんだなということを、
幼少のオレは知りませんでした。
母親にとって、姉にとって、俺が期待の一人息子だったこと、
その一人息子がいかに家族を幸せにすることができるかなんて、
まったくわかりませんでした。
そんな馬鹿なオレは母親の期待にこたえられるような人間にはなれませんでした。
謝っても謝りきれません。


さて本日はそんなことをオレに考えさせた男
ヒデさんを紹介します!
e0082441_1412480.jpg

ヒデ&オレ
e0082441_142211.jpg

ヒデさん。まじでイケメンなのです。

結局酔っ払いです。
うわ~、ついさっきまで良い話だったのに。
[PR]
by porori001 | 2006-04-09 01:50

2006/4/7 リベンジ

キタ――(゜∀゜)――!

何がキタって昨日のリベンジです。
昨日はものの見事に負けたけど、
今日はやりました。

3度勝ち越されるも3度追いつき
延長後半のまさにロスタイム、
ゴールデンゴールで勝利です。

我が家のルールでは勝った者が王様です。
言うことは絶対です。
今日は昨日以上に疲れてたので途中はもう
絶望のかなたに行っちゃいそうでしたが、
人生粘りが大切だということを、
改めて感じました。

しかも、パスタにしようとしたところ、
パスタは一人分しかなく、
負けた方は別の料理で自分の分えお補わなければなりません。

勝って良かったけど、いつかまた負けるわけです。
それでも、やり続けるのです。
[PR]
by porori001 | 2006-04-08 13:58

2006/4/6 負けた~

遂にこの日が来てしまった。

本日はちょいと疲れがたまっていたので
家に帰ったらもう速攻で寝てしまいたい気分だったのですが。
待っていたのはやはり当然のごとく夕飯賭けのサッカーでした。

なんとなく、なんとなーく今日は感じてはいたんですよ。
でもね、まさか、ほんとに負けるとは…。
もうすっごいショック。
疲れ、どば~。

今回だけ許してもらおうかと思ったんだけど、
賭けは賭け。
勝負の世界に甘えは許されません。
ルールは絶対です。

めんどくさいからパスタにしたけど、
これきついなー。
もう絶対負けねぇ!
[PR]
by porori001 | 2006-04-07 00:27

2006/4/5 座右の銘?

いやいや、大変なことになってきました。

毎朝早く起きるのも大変。
毎昼お弁当作るのも大変。
毎日のブログ更新も大変。
だけど、何が大変って、やっぱりお金がないのが一番大変。

家を出た時点で分かっていたことだから、
想定内って言えば想定内なんだけど。
でも、会社の人には「生活が破綻してる」なんていう
嫌味まで言われてしまいましたよ。

しかし、まぁ、この貧乏も癖になるっていうか、
結構楽しんでいるのも現実だったりするのです。
一生に一度くらいこんだけ貧乏もいいものだ。

だけど、たまには焼肉食ったり
寿司食ったり中華料理食ったりしたいと思う時もあるわけです。
でも、今は我慢です。
耐え忍ぶと書いて「忍耐」。
今後のオレの座右の銘はこれにかわるかもしれません。
[PR]
by porori001 | 2006-04-07 00:07

2006/4/4 サトシ、入籍!?

はい、実はまた一人友人でおめでたい話がありまして。

今回もこのブログにたびたび登場する人物なのですが。
はい、変態サトシです。
先日、彼から改まって「今度のみに行きませんか?」と
連絡が入りました。

あんまり改まって連絡してくる人間ではないので怪しいなとは思ったんだけど、
まぁ、お金の無心かな、と思って軽くとらえてました。
変態サトシのことなのでひょっとしたら何かの誘いかもしれません。
期待と不安とあいまった感情で会うことになりました。

彼は富山出身です。
実家は農家で今はコシヒカリを作っています。
今回彼は実家に帰ることになりました、彼女を連れて。
ここまでは先日のモリヒデとほぼ同じ話なんだけど、
違う点が一つ。

6月に入籍することも決定していると言うではないですか!
彼女は埼玉出身で、ずっと関東にいる子です。
サトシは「町で育った子が田舎で生活は無理だよ」と、
何度も彼女の実家の側で生活することを提案しました。
その都度、彼女が「富山で生活したい」と言いはり、
ついにサトシが折れたのです。

いやいや、おめでたい話というのはいつ誰から何度聞いても良いものです。
オレもいつになったら王子様がさらって行ってくれるのか、
今か今かと待っているのでありました。
[PR]
by porori001 | 2006-04-04 23:20

2006/4/3 勤務体系変更

本日から会社の勤務体系が変わりました。

今まではかなり不規則な生活だったんだけど、
本日からは普通の月金の生活です。
なんか、平日に突然ぽこんと休みがある前の生活に慣れてしまうと、
土日休みの意味が全く感じられない。

だってね、土日休みだとどこに行っても人がいるし、
温泉は高いし混んでるし、
そもそも、土日に限定されると天気にも左右されてしまう。
「今日は晴れてるから○○しようかな~」とかいう柔軟な発想が
生まれてきにくいわけだ。

ただ、一般の人とは予定があわせやすくなるわけで。
つまり、経験から言っても、
一人で休日を過ごすには平日休みの方が良いし、
人と過ごすには土日休みの方が良いと思う。

何よりオレはふらっと城とか見に行きたい人間なので、
どっちかって言うまでも無く平日休みの方が良かったのに。
ちゃんと上司にもそういったのに。
でも、会社の命令には逆らえません。

まぁ、いっか、どうせ出かける余裕なんてないし。
[PR]
by porori001 | 2006-04-04 00:05

2006/4/2 現実逃避

今日は二日酔いのまま一日が過ぎてしまいました。

しかしほんとに酒の抜けが悪くなった。
これもトシのせいなんですね。
このまま行くと10年後には飲んだ次の日はどんな風になっているのか
想像するだけで怖いです。

それでずーと家にいました。
天気も悪かったので外に出る気も起きなかったのも
事実なんだけど。

ずーと家の中にいるとすごい現実逃避したくなってくる。
誰もいない南の国の無人島とか、
アルプスの森の奥とか、
そういったところに身を置きたくなるのは
人間の悲しいサガなんでしょうね。

そんなことを頭に思い浮かべながら、
現実的にはアジアの雰囲気をかもし出すお香しか
逃避のすべがありません。
非常に残念なことです。
[PR]
by porori001 | 2006-04-02 23:44

2006/4/1 桜満開

今日は1日飲んだけれでした。
近年、週末+好天+桜満開、という条件の時は
無かったのではないでしょうか。
もう、だいぶ前から今日一日は無きものと思っておりました。

まずは、前の会社の人達と代々木公園にてお花見会。
基本的に、知り合いが知り合いを呼んでくるので、
オレはほとんどの人を知りません。
「うわー、この人達いったい誰の知り合いなんだろう」
と、みんな思っているだろう不思議な会です。

e0082441_16231494.jpg

ただしさんとねえさん。
いつもお世話になってます。
e0082441_16232253.jpg

誰が誰だかわからないので目線は無しでお願いします。
e0082441_16232911.jpg

桜の木に登っている人もいましたね。
もちろん名前は存じ上げません。
この人とは去年もここで一緒に飲んでた記憶があります。


まぁまぁ、だいたい、この人達はいつもこんなノリなので、
びっくりしなくなりましたが。
代々木公園では花見をしている団体様が非常に多かったですが、
DJブースまで出しているのはここの人達以外は見受けられませんでした。
ねえさんと待ち合わせしてきたので、少し遅れていきましたが、
入り口から歩いてきて音が聞こえてきた時
「ああ、きっとこのうるさいのがオレらの行くところなんだろうな」
と、分かってしまうくらいでした。

ここは、また夜に戻ってくるので、一回抜けることになり、
次は大学の友人と四谷の土手でお花見です。
そうです、ここは我が母校。
懐かしいじゃありませんか。

この人達はオレとは違って立派な社会人の人達なので、
会話もちょっとスノッブな感じがしてしまいまして、
ええ、オレみたいな人間には頭が足りませんね。

e0082441_16344381.jpg

オレが大卒だなんて誰も信じないでしょう。


で、戻ってきました、代々木です。
戻ってきた時は大変なことになってました。
もう、誰も座ってませんね。
誰も、ここに桜が咲いているなんて気づいていないんじゃないでしょうか。

e0082441_1654693.jpg

じゅん君です。


e0082441_16544425.jpg

この中に、前の会社の社長が写っております。


e0082441_16435032.jpg

これが爆音の元凶です。


それで、ほぼ記憶が無い状況で、
ねえさんと飲みに行きました。
もちろん行き先は鳥金です。

くー、ここはもう何も言う必要が無いでしょう、このブログでは。
鳥金のあつしさん、ようこさん、ねえさん、オレでずっと飲んでたんですが、
気づけば終電の時間じゃないですか。
ようこさんとあつしさんはお店を閉めたあとお店の外に机を出して、
二人でお花見だったそうです。
長居して大変失礼しました。
e0082441_16465578.jpg

ようこさんとあつしさんです。
ほんとにいつもお世話になってます。
ぜひぜひ、海に行きましょう。


ということで、あとは完全に記憶がありません。
[PR]
by porori001 | 2006-04-02 16:41

2006/3/31 ヤクルトスワローズ

3月ももう終わりか。
一年なんてあっという間に過ぎていくんだろうなぁ。

んで、いよいよ、待ちに待ったセリーグ開幕!
WBC、甲子園と野球は行われているけど、
こればっかりは全然違う。
これから半年間は日々熱い試合が繰り広げられるのです。

で、さい先の良いスタートじゃないですか、我がヤクルトスワローズ。
相手が、王者タイガースと言うことで、
普通に考えたら難しいところなんだけど、
いきなり開幕戦勝利。
まぁ、たった1勝しただけなんだけど、
でも、最初の最初に勝てたのは大きいよ。

今年は果たしてAクラスへ入ることができるか。
楽しみなところです。
[PR]
by porori001 | 2006-04-02 16:10