<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2006/4/19 巨星墜つ

新庄、引退ですか。
彼らしいと言えば彼らしいけど、
何もこの時期じゃなくたって良かったような気もするなぁ。

というのも、今シーズンはまだまだ始まったばかり。
シーズンが盛り上がってきた頃にガツーンと発表した方が、
インパクトが強いような気がする。

まぁ、それはさておき。
彼はほんとに話題を呼べる男です。
彼のようなカリスマ性のある野球選手もいないでしょう。
阪神タイガースのときのピッチャー転向の話、
突然のメジャーリーグ移籍、
復帰した先が日本ハム。
なんと言っても奔放なキャラクター。
彼がパ・リーグの日本ハムを選択したのは野球界のために
本当に良かったと思います。

オレは千葉に生まれたのでプロ野球を見たいと思えば、
いつでも見れる環境に育ちました。
でも、変な言い方ですが、地方の人達はプロ野球なんて
一年に一回見れれば良い方なのではないでしょうか。

近年改善が見られているとは言え巡業の回数は多くはありません。
これはある程度しょうがないことなのかもしれません。
ちなみに先週末我がヤクルトスワローズは松山で2試合行いました。
対中日戦です。

もしオレがヤクルトファンでなかったとしても、
間違いなくチケットを買ったでしょう。
生のプロ野球なんてそんなにしょっちゅう見れないからです。
にもかかわらず、1試合は雨のため中止になってしまいました。
楽しみにしていた人達のショックを考えると心が痛みます。

日本ハムは本拠が札幌ドーム。
札幌では巨人が年に数試合巡業を行いますが、
それまでプロ野球のチームはありませんでした。
そこに、新庄みたいなカリスマが選手としている球団が移ってきたのです。
地元の野球ファンにとってこんなに嬉しいことはないでしょう。

実際、新庄効果というのは凄まじいものです。
派手なパフォーマンスにファンは大喜びです。
もちろん、「プロの選手である以上、成績でファンに答えろ」
と思う人もいるかもしれません。

しかし、一人のスポーツ選手として何よりファンを大切に思うからこそ、
彼はパフォーマンスするんです。
「記録より記憶に残る選手」とは、言い古された言葉かもしれません。
だけど、まさに彼はこの言葉通りの選手でしょう。

また一つ、巨星墜つ。
[PR]
by porori001 | 2006-04-20 01:30

2006/4/18 エンゲル係数

さて、今日はエンゲル係数について調べてみました。

「エンゲル係数とは、家計全体に対して食費の占める割合のこと。
食費はどんなに貧しくても欠かせないために、
所得が低いほどその割合が大きくなり、エンゲル係数は上がると言われている。
逆に、所得が増えるにつれて、食費以外の嗜好品などにかけるお金が増えるので、
エンゲル係数は低下するといわれている。
このように、エンゲル係数は、家計の余裕を見る指標とされる。」
とあります。

しかし、ここでいう「家計」という言葉が問題なのです。
ふだん給料をもらってそのまま「何に使うか」と計算する人はいないはずです。
なぜなら、現代人足るもの携帯電話代・カード代・定期代等、
様々なものが必要経費として計上されるからです

エンゲル係数が分母としている「会計」の中には
上記の必要経費は含まれていません。
つまり、エンゲル係数とは収入全体に占める食費の割合ではなく、
あくまで消費会計の中での食費の割合のことなのです。
2000年度の総務庁統計局(現総務省統計局統計センター)調べによると、
わが国の平均エンゲル係数は23.1%とされています。

しかし、以下の事実に注目してください。
住宅金融公庫では住宅の購入をする際、
毎月の返済額の5倍を『必要月収』としています。
このことから、国は住居費の適正な割合は
家庭の全収入の20%と認識していることがわかります。

つまり、家賃などの住居費とエンゲル係数は同じような数字が出ていますが、
分母が違うため実際に家計に最も負担となる数字は
住居費だと言うことがわかります。

つまり、家賃が低いところに住んでいるの人はエンゲル係数が低く、
その人より収入が大きくてもほんの少し家賃が高いところに住んでいると、
エンゲル係数は高くなるかもしれません。

しかし、住居と言うのは人間の生活の水準を図る上で
重要な要素だと思います。
だから、家賃が高いところに住んでいる人のほうが
エンゲル係数が高くなるといっても
必ずしも生活が豊かではないと言うのは
間違っているような気がするのです。

もちろん収入何千万の人間と何百万の人間を
比較するようなお話ではありませんが。

あああ、うちのエンゲル係数は・・・
[PR]
by porori001 | 2006-04-19 00:27

2006/4/17 ぐた~

こんばんは。

さてさて、こんなオレですが
これからも毎日更新していきますんでよろしく。
最近、いろんなことがいっぺんに起きて
オレにしては珍しく気疲れしてます。

な~んちゃって、全然元気です。
何一つ変わらぬ朝を迎えて何一つ変わらぬ夜を迎えています。
ただ一つ違うのは全身の筋肉痛がひどくて歩くのもきついってことだけです。
筋肉痛もこの年になると合併症として様々な症状を引き起こします。

たとえば、吐き気。
続いて頭痛。
さてまた悪寒。

なんかの病気の前兆のようだと言うのは勘違いです。
あ・く・ま・で、筋肉痛ですなり。
[PR]
by porori001 | 2006-04-18 00:23

2006/4/16 ありがとう。

ありがとう。

オレの心の中は感謝の言葉ばかりです。
わざわざ来てくれてありがとう。
オレは大丈夫。
きっと君も大丈夫。

何にもいらないから。
何にもしてあげられなかったから。
もう何もしてあげられないから。

いつだってオレは君で満たされています。
だけど君を満たせてあげれなかったのはオレの不甲斐なさ故。
君の思うことならオレは黙って受け入れるから。
だから元気を出して。

心から君に言いたい。
ありがとう。
[PR]
by porori001 | 2006-04-17 13:29

2006/4/15 チームザンギェフ始動

今日は半端無い二日酔いだよ。
昨日の酒が抜けない抜けない。
年を追うごとに酒の抜けが悪くなるのは分かるんだけど、
抜けなさ過ぎじゃないか、これ?
今日は後輩からの電話で目が覚めました。
「ぽろりさん、何時くらいにつきますか?」

「?」
しばらく頭が回らない。
なんの話だ?今日何か予定あったっけ?
「Aも30分くらい遅くなるそうなんで、それ以上遅れそうなら電話くださいね。」
「了解」
ってことで、とりあえず電話終了。
なんだっけなんだっけなんだっけ・・・
そうだ!今日はみんなで野球とフットサルやろうって決めてたんだっけ!
完全に遅刻じゃん、これ。

二日酔いで吐きそうなのをぐっとこらえてシャワーを浴び、
ダッシュで家を出る。
とてもじゃないが30分の遅刻なんかで済みそうもない、
家を出たのが待ち合わせの時間なんだから。

結局一時間ほど遅れて待ち合わせの場所に。
みんな酒が抜けていないのか、顔色が悪い。
家に帰れなくてスーツのやつもいる。
やっぱり、スポーツやる前日にあんなに飲むのは無しだって。

でも、今回はフットサル場を取っているわけじゃないので、
どこでやるのか後輩に聞いたところ。
「最初は芝生の広場でコーンとか置いてやるので十分ですよ。」
でも、コーンなんて持ってきて無いじゃん。
「あれ使うんですよ」
って、工事現場の荷物置き場から勝手に持ってきてるし。
良い子のみんなは絶対に真似しちゃダメだよ。

体のキレも無い。
気分も悪い。
これから野球とフットサル?無理だろ?
って思ってたら、二人くらいで突然400Mトラックを走り始めてるし・・・
うわ~、ありえね~。

結局グダグダのままフットサルに突入。
オレ、フットサルって初めてだったんだけど、
すげぇ疲れる。
でも、たまにこれくらい体を動かすのって、
すっごい快感!

これから暖かくなって良い季節になる。
体動かすか!
[PR]
by porori001 | 2006-04-16 13:36

2006/4/14 臨時応戦

今日は飲みでした。
ええ、半端無い飲みでした。

オレの会社の人達は月に一回の野郎会があるんですが、
今回は野郎会ではなく普通の週末飲みのはずだったのです。
ところがふたを開ければ、近年まれに見るノリでした。

最初は「まあまあまあ」的な感じでみんな恐る恐るって感じだったんだけど、
途中で訳分からない不穏な空気になりまして。
A「先週の○曜日はあそこの席でしたよね?」
B「違うよ、○曜日はあそこで△曜日があそこだよ!」
C「全然違うって。△曜日は飲みに行ってないですもん。はい、Bさん、イッキイッキ」
イッキ後・・・
D「あれ、でも□曜日は飲まないで帰ったってことは×曜日は飲んでますよね?」
E「行ったよな!」
F「あれ?でも、Eさん、その時いなかったですよね?はい、イッキイッキ」

つまり、酔いが回ってみんな記憶があいまいなところで
記憶回想ゲームなんて始めちゃったもんだからみんなダーダー。
何かしゃべったらとりあえず飲まされそうだからだまってると
「はい、ぽろりさん、黙秘権~。イッキイッキ」
みたいに飲まされる。

とても社会人の飲みではないんですが、まぁ、こんなのもアリです。
途中から記憶がないので、全て人から聞いた話なのですが。
[PR]
by porori001 | 2006-04-16 13:19

2006/4/13 憂鬱

こんにちは、本日も隠れて会社からの更新です。

最近はなんかいろんなことがどうでもよくなってきています。
そう思う事項が無かった頃は
そんな小さなことに気を煩わされることも無かったのに。
とは言え、ぶっちゃけそんなに気を使うことではないんだけど、
でも有るよりかはむしろ無いほうがいいんじゃないの?みたいな。

誰しも大切にしているものや時間を持っています。
でも、そんなことでさえ、ふとしたきっかけでどうでもよくなってきてしまうことも
人生ではあることではないでしょうか。
まぁ、極端な話、大切にしていることや気になることは
時間と状況の移り変わりと共に変化していくものですから。

少し王様的発言だが、オレのことを大切にしてくれている
愉快な仲間達や家族のような根源の部分以外は今はどうでもいい。
長い人生、失って痛いものなんてほんのわずかしかないでしょ。
昔得たものの中で「あれを失くしたのはほんとに痛いな」と
いつまでも引きずる人間があんまりいないのと同じだと思う。
その時はほんとに痛いけど、みんなそれを糧にして生きているんだから、
それはきっと神様の思し召しなんだ。
それが仕事だろうと、お金だろうと、モノだろうと。

もうどうでもいいや。
だから、そっとしておいてくれないか。
[PR]
by porori001 | 2006-04-14 15:44

2006/4/12 カムバックスローライフ

しかし、外に行きたいな~。

ほら、オレ、スローライフ万歳人間じゃないですか。
ここ最近山奥の空気をかいでいないので、
なんか、体がなまってしまいそうです。
月に一度は山奥に行きたいんだよね。

前はよく温泉の話とかもここの話題にしていたのに、
めっきりそんな話題もなくなってきました。
実に嘆かわしいかぎりです。

ということで、GWにはキャンプか何かしたいと提案しているのです。
ただ、こればっかりはオレ一人の都合で決められるわけではないので、
友人達との調整が必要です。
一人はすでに無理と表明しているので、
連鎖反応でおじゃんにならないように願っているところです。

ああああ、緑が恋しいよ!
[PR]
by porori001 | 2006-04-12 23:50

2006/4/11 プレゼンテーション

明日は何か知らないけどお客さんの前で
プレゼンのようなことをしなくてはなりません。

少し前から決まっていたことなんですが、
実は最近業務に追われていて、
前日の今の時間までほぼ何にも準備ができてません。
そんなオレを誰かほめてください。

でも、何とかなるのかな?
ならないだろうな。
資料はオレが自分で作ったものなので、
全て頭に入っているんだけど、
いかんせん何を話していいのか全く分からない。
(自分で資料作ってるのに?)

まぁ、きっと明日の朝、かなりな勢いであせるのは目に見えているので
むしろ目が覚めたくありません。
ああああああああああああああああああ。
[PR]
by porori001 | 2006-04-12 00:48

2006/4/10 ロナウド

さて、ロナウドはどこに移籍するんだろうね。

世界を代表するストライカーであるロナウド。
彼はおそらく今シーズンでレアルマドリードを出るといわれています。
しかし、その移籍先が全く予想できないのです。
アドリアーノと入れ代わりでインテルと言う話や、
ACミラン・ユベントスといったイタリアの強豪チームが狙っていると言う話を良く聞きます。
まぁ、イタリアのチームのうわさが圧倒的に多いので、
どこのチームか分かりませんが、
イタリアのチームに移籍するというのは間違いなさそうです。

しかし、オレが思うにロナウドのスピードを活かすのであれば、
近年変わってきたとはいえ、それでも伝統的な守備的サッカー、
ゴール前をガチガチにかためる別名「カテナチオ」と呼ばれるような
超守備的なサッカーを主体とするイタリアのサッカーは
彼にはあまりあわないような気がするのです。

ロナウドの持ち味は相手ディフェンダーを一瞬にして置き去りにする
スピード・裏への駆け出しです。
フォワードがオフサイドにかからないでディフェンダーの裏を取るには
パサーにプレッシャーがかからず前を向いてパスを出せる状況である必要があります。
パサーにプレッシャーがかかっている状態では周囲を見る余裕はなく、
ディフェンダーはラインを上げてオフサイドをとることが容易にできます。
逆にプレッシャーがなければラインが上がるタイミングを計って
正確に裏へのスルーパスが出せるのです。

守備的な布陣であればディフェンスに人数が足りていて
なおかつ中盤のディフェンスも強堅であることが想像できます。
つまり、前線の人数を少なくしても中盤へのプレッシャーと高いライン意識を保っている場合、裏をとるパスは成功しにくいと思われるのです。
裏へのパスが出にくければロナウドの個人技がどんなに優れていても
なかなかうまく行きにくい。

また、伝統的に中盤を省略するイングランドのサッカーにもあいません。
ロナウドは試合中ほとんど積極的に動かないので、
中盤の底やディフェンダーからのロングフィードを自ら追い
ポストプレーをするのは考えにくいからです。

彼の人生を振り返ってみると、
アヤックスやバルサにいた時代が最も輝いていた、
と言うサッカーファンは多いです。
オランダやスペインに共通するサッカー、それは攻撃性といわれます。

スペインは伝統的に4バック・2ボランチ・2人の中盤・2人のフォワードを布陣します。
ボランチの前気味の人間が基本的に中盤の全てを支配するので
ディフェンスは若干弱めになりますが、
攻撃に入った時は非常に素早くかつ人数が多い状態で攻めることが可能です。
この場合2人の中盤もボランチも
パサーになることができ相手のプレッシャーが分散します。
そうするとパサーにプレッシャーが少なくなおかつ
前を向いてパスを出せるシーンが多くなりやすいのです。

もちろん、全てがこの定義にはまるわけではないので、
100%こうなるわけではありません。
しかし、わざわざレアルを出るのであれば
せめて他のスペインの強豪に移籍するのがとてもいいと思いますが。
[PR]
by porori001 | 2006-04-11 00:19