<   2006年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2006/3/10 今回の野郎会は…

こんばんわ。
数時間後と言っていたのに関わらずこんな時間になってしまいました。
って、誰にいってるんだか分からないけど。

いやいや、今度の野郎会はすごい様相を見せてきましたよ。
今月下旬にはやはり毎月恒例の野郎会が行われますが、
今回は一味違う。
というのも、幹事が会社外と職場でもっともイメージの違う男、
風俗系なら何でも来い、ミスターチルドレンだからだ。

ま、簡単に言っても普通ののみではないと言うのが大方の予想。
まさか、エロ系ではないと思うがかなり方向性の違う飲みになるだろうな。
ちょっと残念なことに、普通の飲みになっちゃったけど、
思い起こせば前回の野郎会も当初の予定ではメイド喫茶ならぬメイド居酒屋だったわけだし。
今回は、どんなになるかな?

ちなみにこれ仕事中に更新してます。
今オレの周囲はめちゃめちゃ忙しいのに、
オレだけ隠れてこんなことやってます。
ばれたら非常にまずいです。
まぁ、職場の人はこのブログの存在知らないからいいか。

いやいや、良くないでしょ。
[PR]
by porori001 | 2006-03-11 10:58

2006/3/9 NOネタ

こんにちは。
連続の連続更新です。
もうどうしようもありません。

最近実はあまり家から出てません。
実家を出たことによってドアを開ければ寝室という状況の部屋に住んでいるで、
当然と言えば当然の結果なんだけど…。
言うなれば完全な引きこもりです、はい。

で、これからどうしようかなと思ってしまうんですよ。
え?毎日更新無理だって?
そりゃあがんばりますよ。
たとえ内容が薄くてもつまらなくても続けることに意義がある、か。

でも、あと数時間したらもう一回分更新しなきゃいけないんで
ネタはとっといたほうが良いですよね。
今回はお腹も空いてきたんで許してください。



数時間後に会いましょう(^^)



[PR]
by porori001 | 2006-03-10 21:41

2006/3/8 吉牛2

おはようございます。
今回はw更新の2回目と言うことでこんな時間から登場です。

日本で気軽に牛肉が食べれなくなって久しい。
その余波で思いっきり残念なことがあります。
恐らく世の男性には心から痛いことではないでしょうか。
そうです、吉牛が食べれない時代がこようとは誰が想像したでしょう。

以前100の質問のところでも書いたけど、俺の好物のナンバー3には
吉牛が堂々とランクインしているのだ。
ありえないよ、好きな食べ物ナンバー3が食べれないんだよ。
そんなに高い物でもなかったのに。
しかも、今では肉すら食えない生活だし。

で、やっぱりいるんですね。
ネットで検索したんですが、「家庭で吉牛の味を再現する」人たちが。
頼もしいじゃありませんか。
やっぱり、○○権の侵害に当てはまりそうも無い事案なだけにかなり多くの人が
チャレンジしているみたいですね。

で、様々なサイトに目を通すとある一つのサイトで発表されている作り方が、
本物の吉牛の味を忠実に再現していることが分かりました。
そのサイトこそ、ここなんです。

単純にして明快、技巧派にして本格派、キレがあるのにコクもある。
なんか、すごいサイトらしいっすよ。
うちには電子レンジが無いから作れないんだけど、
電子レンジがある人はぜひ一回作ってみてほしい。

オレも実家に帰ったら作ってみようかな。
いや、黙っててもご飯が出てくるのにわざわざ自分で作る必要なかろう。
[PR]
by porori001 | 2006-03-09 06:46

2006/3/7 ビルバオ!

はい、早速のW更新です。
ネット環境が整ったのにもかかわらず。
何やってんだ、オレ。

オレがリーがエスパニョーラ好きなのは周知のところだが、
放映権をWOWOWにとられてから久しく見ていない。
見ていないうちに今ちょっと大変なことになっているではないか。

実はオレはアスレチック・ビルバオを応援している。
そんな人はごまんといるしオレもそんなに詳しいわけでもない。
このチームを説明するこんな感じ。

長いリーガの歴史の中でいろんなクラブチーム盛衰してきたが、
たった3チームだけ一度も2部リーグに降格したことが無いクラブが存在している。
それがレアル・マドリード、バルセロナ、そしてこのアスレチック・ビルバオなのだ。
しかも、バスク人のチームとして誇りを持ち、バスク人しかいないこのローカルチーム。
外部から助っ人選手を招いてチームを強化するべきかどうか住民投票の結果、
純血を守ることに圧倒的多数の票が入ったというこのチームの特色を
心から感心してしまうのだ。

ところが、ところがですよ。
なんとこのビルバオ、普段もそこまで強くないが今シーズンはかなりな絶不調。
リーガは4チームが自動降格だが、ビルバオはただ今なんと下から3位。
このまま行くと降格ですよ!
今最下位のマラガが勝ち点21、ビルバオは勝ち点23で18位。
17位(15位タイ)が3チームで勝ち点25。
しかも、この15位タイグループの中にもベティスやソシエダという、
近年飛躍的な活躍を見せているチームの名前がある。
時代の節目か?

やっぱリーガ見てぇ。
[PR]
by porori001 | 2006-03-08 20:56

2006/3/6 春一番

こんばんわ。

今日は関東地方で春一番が吹いたらしいです。
もう春なわけだ。
でも、まだまだ寒い日も続くときもあるんだよね。
この時期、服装の調整がほんとに難しい。

実は今、オレの職場で異動がありそうなんです。
それがちょっと問題で。
リーダーとの兼ね合いがはなっから悪い人間なんだけど、
そいつが異動になりそうなんだ。
何事も「気にしない」主義のオレからすると普段だったら気にもとめないことなんだけど
今回はちょっとだけ性質が違う。

というのも、その異動候補者はオレの携わる業務で
助手的な働きをしてくれている人間だからだ。
加えて今回の異動の話のきっかけはリーダーの個人的な感情の部分もありそうな…。
だとすれば、オレも今回だけは黙っているわけには行かない。
そいつがいなくなったらオレの負担だけが増すわけだ。

で、明日、オレの意見陳述、併せて資料提出。
って、何でこんなことで資料作成しなくてはならないのか、と思ったんだけど、
資料でも見せてやらないと説得力もないし。
でも、そんなことばっかりやってる暇ないし。
マネージャ含めて話するんだけど、
実際みんな分かってくれるんだろうか。
少なくとも重要なメンバーの間では異動にGOの考え、だってさ…?

そこで、自分を含めていろいろ考えてみた。
やっぱり人間だもの、本音と建前ってあるでしょ。
前にも書いたけど葛藤かな。
オレはほんとに葛藤ばかりだ。
オレが言っていることが欺瞞だったら、周りも欺瞞だらけだ。
口にしたって通じない、だけど黙っていたらもっと通じない。
だったらいっそだまされたふりしていたほうが良いのか、
はっきり言って事実を知った方が良いのか。
オレの考え過ぎだったら良いと思うが、
でも人間なんてそんなもんだとも思う。
いつまでそんな状態でいるんだろうね。
[PR]
by porori001 | 2006-03-06 22:41

2006/3/5 桜前線北上中?

きました!
やっと開通しました!
これから毎日更新しますんでよろしく。

さて、だいぶ暖かくなってきました。
桜の季節ももう目前ですね。
先日、テレビを見ていたらことしは桜の開花予想で混乱がおきているとか。
気象庁の発表とウェザーニュースの発表では5日も開花予想日が違うのだと言う。
5日違えばかなりな問題でしょ。

いろんな理由が挙げられるけど、
個人的にはこんな感じ。
ずばり「旅行の予定が組めない」
オレのことだ。
きっと「花見温泉」などと言って温泉旅行の計画を立てるにきまってる。
わざわざ遠出してすかすかの桜の木なんて見たいか?
見たくないでしょ。
満開でなくてもいいけど、5日違えば桜の様相もかなりかわってくる。
そもそも、桜なんて咲き始めからたいした日数がもたないわけだから。

去年は日帰りで高遠→浜名湖コースだった。
途中ガス欠になりそうになってガソリンスタンドに駆け入ったり、
浜名湖でうなぎを食おうにももう店が開いていなかったりと、
散々でしたがかんなり面白かった。
オレは今年は北方面、栃木とか群馬とかの山村か、
また甲府や長野方面に行ってみたい。

天気と気温によるけどドライブがてら
のんびり旅行をしてみたいのだ。
[PR]
by porori001 | 2006-03-05 09:25

2006/2/28 美容院

いよいよです。

先日、ぴっころに髪を切ってもらいました。
実は、昨年の11月半ばから一回も切っていないという状況の中、
切りに行くにも外を歩ける状況でなかったのです。
以前話をした「ノリで買ってしまった帽子」が今年はヘヴィローテっすよ。
しかし、これだけさっぱりすると気分が良いもんです。

今まではかなりな高額を払っていて、もちろん高額なら高額なだけの満足感
(技術云々じゃなくて場の雰囲気・サービス・休日としてのリラックス感)が
得られていたわけです。
まぁ、人によっては切るだけだったら安いほうが良いじゃん、と
言う人もいるわけで。
価値観ですよね。
その人たちにとっては「金はらって切る」という行為で見れば同じに見えるわけで。

オレは別に同じとは思わない。
もちろん、高い金払えばうまく切ってくれるとか、そういうふうに思っているわけじゃない。
限りある休日を使って切るんだもの、やっぱり気分的な満足感・リラックスも
味わいたいわけです。
そういったものはやっぱり美容院ごとに違うしその結果、
たまたま俺がいつも行っているところがちょっと高めの店になっただけのこと。
学生のときに行っていたところはけして高いところではなかったし、
かなり満足だった。
つぶれちゃったんだっけな。

で、今回、恐る恐るぴっころの店に行ったわけですよ。
なにせ、働いているぴっころなんて見ることも無かったわけですし。
ぴっころが切るというのは、オレも恥ずかしくて躊躇していたのですが、
まあ一度くらいやってもらおうかということで思い切ってお願い申し上げた次第です。

結果。
満足。

さて、今宵なんでこんな時間におきているのでしょうか…
[PR]
by porori001 | 2006-03-01 06:04