<   2005年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2005/10/16

ハイエッツという人物をご存知だろうか。

19世紀半ばにイタリアで活躍した画家だ。
おそらくほとんどの人は知らないに違いない。
知っているのは美術学生かかなりな絵画好きに限られるだろう。

オレは写真派なので絵画にはそれほど興味は無い。
ただ、前職が美術系の出版社勤務だったこともあり
普通の人より美術に関する知識はあると思う。
加えて今までの旅行経験で世界に名をはせる数々の名作を
実際にこの目で見てきた。

その中で、もし世界中で一番好きな洋画は何かと聞かれたら
オレは間違いなくこう答えるだろう。
それはハイエッツの「接吻」だ、と。

今は便利な世の中で、ネットで検索すれば
ハイエッツの作品も拝めるかもしれない。
でも、やはり実際に目にして感じる感動は
デジタル画像から得るものとは比較にならないだろう。

ハイエッツの「接吻」はイタリアはミラノの
ブレラ美術館に収蔵されている。
もちろんこの絵に対してうんちくを語るつもりは毛頭無い。
絶対に良いから!と、強要するつもりも無い。
ただ、ミラノに行く機会があったら散歩のついでにたった30分だけ、
このちょっとした作品のために時間を割いてもらえないだろうか。

「モナ・リザ」や「最後の審判」や「ヴィーナスの誕生」等の
歴史的巨匠の名作のような圧倒的なパワーはない。
だけど、そこには人間の生の感情の温かさの「普遍性」を
感じることができるはずだ。
[PR]
by porori001 | 2005-10-16 23:59

2005/10/15

Runaround!Macy, runaround!

紅葉の京都はやっぱり無理かと思ってきた(早っ!)
というのもやはり日本全国から人が集まるのなら
ものっそい混雑でしょ。
っていうのは馬鹿じゃないから想像してたけど、
この前「紅葉の京都の混雑っぷり」だけを見せてる
サイトを見つけて、それを見てたら完全に紅葉の時期に
行く気が失せたよ。
はっきり言って、おもんないやん、これ!

考えてみれば、ずら~っと行列してるところに行っても
良い写真は取れないし時間はかかるし風情はないし
何より楽しくない、だろ。きっと。
オレも他人からすれば、その風情を損ねる元凶に過ぎなかったはずだ。

清水の舞台から飛び降りたって下が人の絨毯だから死なないよ。
それより前に清水の舞台が崩れ落ちる、いや清水の舞台にたどり着けない、
そもそも清水寺に行く気がしなくなるだろう。

紅葉が最も美しい時期に、本来あるべき風情が感じられないとは
いったいどういうことなのか。

でもその全てがわかっていてもなお何万人という人が毎年訪れる。
京都は古今多くの人を魅了し続ける日本随一の不思議な場所だ。
きっと、ARLOじゃなくたってこう言うよ。

Runaround!
(※「言い逃れ」「まやかし」の意。ARLOは歌の中で好きな女の子からいいように
もて遊ばれてるけど、苦しいとともにその行為自体がものすごい魅力的だという
ことを歌っている。みんな紅葉にもて遊ばれていることを楽しんでいるみたいだ。)
[PR]
by porori001 | 2005-10-15 23:57

2005/10/14

先日、銀座に映画を見に行った。

「ふたりの5つの分かれ路」というフランス映画で
30代の夫婦が離婚成立直後最後にホテルで肌を重ねる、というシーンから始まる。
ストーリーは、そこから二人の出会いまでを逆時系列にさかのぼるだけ。
5つの分かれ道は登場順に
1浮気話
2子供と私とどっちが大切?
3出産
4結婚
5出会い
って感じ。

話は、まぁ、55点ってとこ。
正直恋愛系は嫌いじゃないが、
大の男が一人で見に行くのはなかなか難しい。

映画の中で一番印象的だったシーン。
離婚成立後のホテルにて。
男「君の勝ちだ」
女「勝ち負けじゃないわ。終わっただけ。」
長い沈黙の後
男「やり直せないか?」
5秒ほど立ち止まった後、
女はおんもいっきりドアを閉じて去っていきましたとさ。

こういうとき負けるのはいつの時代もどこの国でも
やっぱり男なんだね。
[PR]
by porori001 | 2005-10-14 23:22

2005/10/13

もう10月も半ばです。
ちょっと気が早いけど年末まであと少しかな。

年末といえば忘年会の季節になったりするわけだ。
例年通りなら学生時代の友人の家で鍋パーティーをするはず。

が、そこで独身はオレを含めて3人だ。
その内一人は海外にいるため不参加が読める。
ってことは、2人だ。

重要なことは、もう一人のやつに彼女がいるってコトです。
賢明な人ならもうお分かりでしょう。
今年の忘年会、このままでいけば、
ヤロウ一人で参加するのはオレだけなのね。

去年はそいつにわざわざ確認したんですよ。
「お前、彼女連れてくるの?」
答えは「否」だったので、かろうじて参加できたが
今年連れてくるようならばオレはもう参加できないなぁ。
やっぱり浮いちゃうだろうし、自分、なんか寂しいじゃんね。

っちゅうことで、がんばりたいと思う今日この頃なのだが
なぜか京都行き(一人旅)をものっそい気合で計画中なのね。
紅葉京都一人旅って、なんかオレっぽいのね。
[PR]
by porori001 | 2005-10-14 05:46

2005/10/12

何か最近ブログを書くことが生活の中心になりつつある。

中心といってもご存知の通りたいした内容を書いているわけではない。
ただ、適当にフラフラしてるときでも何か書けることが無いか目を散らしている。
つまり、常にブログを意識してネタになるものを探しているわけだ。

文才が無いから面白おかしく書けていないが、
それでも自分にとっては満足のいくレベルだったりするわけで。
また、昔だったら家で本読んだりPCいじくったりすることが多かったけど、
今はとりあえず外に出ようと思うようにもなる。
かと言って何かを削っているほどのことでもないので
余計なことを一つ多めに抱え込んでいるような感じだ。
まぁ、これはこれで生活の活性化につながっているのだろう。

でも、ちょっとはこのブログに女の子の話が出てきてもいいのにね。
ボヤキは多いけど…。
[PR]
by porori001 | 2005-10-13 10:34

2005/10/11

今日は友人と新橋の立ち飲み屋に行った。

オレはホッピー党だからガード下とかの
いわゆるオヤジが集まるような店が好きだ。
でも、今回はそれだけじゃない。
なんと友人がそこでバイトを始めたというではないか。

飲み屋で友人が働いているということほど頼もしいものはない。
なんと言っても店員さんと仲良くなれるには
内部の人間を知っていなくてはならないからだ。
店の人達と仲良くなればいろんな特典がつく。
安くしてもらったりもあるが、なんてったって楽しいからね。

また一つお気に入りの店が増えた。
愉快な仲間達にもどしどし紹介するとしよう。
[PR]
by porori001 | 2005-10-12 07:20

2005/10/10

何を隠そう、オレは写真オタクだったりもする。

昔は中古のカメラ提げて街中スナップ等行っていたものでした。
旅行先ではお年寄りを中心に「それコンタックス?」とか話しかけられることも多く
それはそれで会話が苦手のオレにとっても大きな楽しみでもあった。

残念ながら俺が持っていたのはキエフというロシア製のカメラで
中古屋でも二束三文のもの。
しかも、旅行中にぶっ壊れてしまって今じゃ完全に部屋のオブジェだ。
でも、こいつのおかげでオレは本当に良い趣味に出会えたと思っている。

で、今日は結婚式で撮ったフィルムを現像に出してきた。

実は今回、花嫁のウェディングドレスの「純白」を映えさせるために
あえてモノクロで撮影した。
モノクロ撮影の場合、「赤」のフィルターを付けるとコントラストの強い、
いわゆる「硬い」写真が撮れる。
昔、プロのカメラマンに教えてもらった方法だ。

もちろん赤のフィルターがついていることで「赤外線撮影なんじゃないか?」とか
「ちょっと怪しくない?」という反応があった。
ちゃんと説明したけど、たしかに怪しい。

でも!
出来上がりを見てもらえば納得していただけるはずだ。
と、思ったのだが、ここで大ハプニング。

実は今回のフィルムモノクロのパッケージで黒いケースに入っていたから
てっきりモノクロフィルムだと思ってたけど、実は正真正銘の
「カラーフィルム」だったんです。

ってことは、赤いフィルター通過して撮っているから出来上がった画像も
もちろん赤一色になるはずだ。

これ、なんて言って謝ったら良いのかな…。
一生に一度の晴れ舞台なのに。
[PR]
by porori001 | 2005-10-11 01:55

2005/10/09

今日は一日雨でした。

実は晴れている日よりも曇っている日や雨の日の方が
好きだったりする。
旅行に行ったり何かスポーツするのなら晴れている方が良いに決まっているが
街中フラフラするならこっちの方が全然好きだ。
なんて言うか、空に表情がある日が好きってこと。

もちろんそんなかっこいいことだけじゃなくて
例えば銀座で歩いている女性でも傘をさして歩いている方が、
なんとなくおしゃれに感じる。

クリスマスまでには彼女ができるようにがんばろう…。
[PR]
by porori001 | 2005-10-10 02:35

2005/10/08

今日は昨日話したとおり高校の友人の結婚式だった。

やっぱりスチュワーデスって伊達じゃないな。
ほんとにきれいな子ばかりだった。
いやいや、あれだけスチュワーデスがいるときらびやかだね。
セレブ感たっぷりの一日だった。
誰一人とも仲良くなってないどころか、
話もしていないところがオレらしい。
まったくまったく。

高校の友人とは結婚式にしか会わないような感じが濃くなってきた。
地元なので、皆住んでるところも近いのにもったいない。

ということで、野球チームを作るという話になった。
高校の時は自慢じゃないが年に365試合は消化する
町野球少年だった。(高校生って少年か?)
オレはバット製造職人、人間国宝級だよ。

今回は本格的に野球チームを結成したい。
実はこれ、結婚式で会う度に議題に上るのだが
いつのまにか流れてしまっている。
今回は流さないためにも以下の点を実行に移すことになった。
1.コアメンバーの連絡用にメール網を作っちゃう。
2.逃げれないようにユニフォームを作っちゃう。
3.会場(つまり球場)を抑えちゃう
形から入っちゃえば流れでやるだろうという判断だ。

できれば、今日会場に来ていたスチュワーデスの方々に
マネージャーをしてほしい。

な~んて、オレには高嶺の花で世界が違いすぎるんだけどね。
[PR]
by porori001 | 2005-10-08 23:11

2005/10/07

明日は高校の友人の結婚式にお呼ばれになる。

友人の結婚式ってほんといいものですよね。
最近、年をとってきたのか涙もろくなってきている。

以前なんか、結婚式で一番最初のドアを開けたら花嫁が立ってて
お父さんに連れられて赤いじゅうたんを歩いてくる、
いわゆる花嫁登場のシーン。
あれで、なぜかオレ号泣しちゃってるの。

新郎から「何でお前が泣いてるんだ?」って
突っ込まれたけど、自分でもわからない。
でも、感極まっちゃったわけです。

明日の結婚式の新郎はパイロットなんだけど、
ってことは、奥さんはスチュワーデスってことか?
はっきり言ってスチュワーデスが一概に美人とは思わないないが
こいつが選ぶ女性ならきれいな人なんだろうなと思うし、
友人達もきれいな人たちなんだろう。

ま、どうせオレには縁の無い話なんだけどね。
[PR]
by porori001 | 2005-10-07 23:28