「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ぽろりの温泉散策記【長野】( 1 )

ぽろりの温泉探索紀【長野】

はい。
今日(7/18)は休みを取りましたよ!
なので久しぶりに旅行に行ってきました。
今回は3連休の最終日なので日帰りですが、
ドライブモードなのでいつもとちょっと毛合いが違います。
とりあえず、行っちゃいましょうか。

今日はあいにくの雨でした。
ただ、前も言ったとおりオレは雨の日が好きなのだ。
だから、全然気になりません。
むしろマイナスイオンばっちりのドライブに、
オレは期待でいっぱいいっぱいです。

今日は近所のモモちゃんを誘っているので、
朝8時半に迎えに行く予定でした。
起床、8時半。
はい、いつもの通り。
結局9時過ぎに用賀出発です。

ほんとはマックとかで朝ごはん買いたかったんだけど、
出てくる出てくるマックがぜーんぶ道の反対側。
あえなくコンビニでお菓子類に変更。
これも想定内。

ここから中央道めざし一路西進。
さすがに空いてるねぇ。
3連休の最終日って事もあるだろうし、雨が降っているってことで、
こんな日にわざわざ遠出しようって思う人もいないのかな?

中央道を進むとすぐに山深くなるじゃないですか。
オレこういうのほんとにいいなぁって思うんですよ。
そういった気分に浸っているうちにも車はドンドン進んでいくわけです。
気付けばあっという間に小淵沢を通過、
八ヶ岳のそばを通って、諏訪で高速降ります。

ここからビーナスラインを通って
とりあえず車山高原を目指します。
ここも空いてるね。
ここからはマイナスイオンあふれる森林コースです。

蓼科だって。
タテシナって、読めないよなぁ。
立科って地名もすぐ隣にあるんだよ。
蓼科、ご存知軽井沢とならぶ別荘地として有名なところですね。
ほんとはわき道とか入ってどんな雰囲気なのか味わいたかったんだけど、
突然わき道とかに入られちゃ助手席の人間がびびっちゃうだろうからやめときました。

なんかね、緑の中にいるとなんで人間は落ち着くんだろう。
高級車のCMでも森林の中を走っていくシーンが多く見受けられますが、
単純に落ち着くだけでなく何か効能があるんでしょう。

そうこうしているうちに突然視野が広がり、
高原が広がります。
はい、ここからが車山・霧が峰・美ヶ原を結ぶ高原になります。
モモちゃんはここに来るのが初めてだって言うから、
晴れてる風景を見せてあげられなかったのは残念だけど、
ほんとにきれいな高原です。

なんで、木が生えていないんだろう。
これが不思議なんだけどね。
霧が峰の手前の土産物屋さんで若干の休憩。
車を降りる。
あれ?これ、かなり寒くない?
オレもモモちゃんも完全に用賀夏使用。
周りの人は上下登山用レインコート(?)。

そうです、一番身近な「日本の百名山」、
車山登山の人ばかりなのです。
うわぁ、登りてぇ。
でも、このカッコじゃさすがに無理だよ。

諦めて再び西進、美ヶ原を目指す。
が、ここで大問題発生。
すぐに警備員に止められました。
「ここから先は今日は通行止めだよ」

な、なんだとぅ!
ここまできてこの仕打ちか。
確かにガスで視界は10m位しかないし、
路肩は崩れてしまっているし(!?)、無理な天候か。
しょうがない、ここから先は晴れてる日にしよう。

ということで一路北進。
そばを食べに行くことに。
ここらへんから上田・小諸あたりまでは、
日本の原風景というか、
のどかな山村が続いていく。

余談ですが、国道254をずっと行く旅っていうのもすごい楽しいよ。
おススメです。
できれば少し雨が降っている日が良いと思います。
すごい前も通ったことがあるんだけど、
のんびりっていいな~って思います。

さて、ここでオレ達は上田を目指すことにしました。
何故上田?
それは上田には世界一うまい蕎麦があるからです。
日本に蕎麦屋はごまんとありますが、
それでもその店でしか食べれない蕎麦があるんですよ。

e0082441_2115795.jpgそれがこの発芽蕎麦!
普通は蕎麦の実を粉にして小麦粉と混ぜて蕎麦を作るが、
ここは蕎麦の実を一旦冷水につけておいて
ほんの少し芽が出てきたものを粉にして蕎麦を作るんだ。
普通の蕎麦よりも歯ごたえが強い。
これは一生に一度は食べてください。



e0082441_21144114.jpg

モモちゃんもご満悦。
ってことで上田のおお西さん、おすすめです。





e0082441_2123473.jpg
おお西さんの近くは昔の中山道の宿場町の雰囲気が
すごい残っているところなんだ。
言葉では伝わりにくいので画像で紹介。




さて、長野に来て蕎麦を食べてお腹が膨れて少し眠いといえば、
することはただ一つ
そう、これこそオレの真骨頂。
温泉、なり。

今日は人がいないからいいんじゃないかな。
ということで、上田で調べた公共温泉に。
ところが、何故か知らないがここが激混み。
これは想定外だったよ。

急遽別の温泉を探すことに。
さすがオレだね、実は最初からピックアップしていたところがあったのよ。
いろいろいってダメだったら最悪ここに行こう、ってのを用意しておくのは、
温マニとしては当然のことですから。

ってことで、小諸にある常盤館 雲の助に行ってきました。
さすがに誰もいないよ。
すこーし雨が降ってたけど、露天の檜風呂が貸しきり状態だったからご満悦。
ここの自家製ケーブル電車はなかなか味があるねぇ。

夜はすごい雰囲気のあるところだったね。
関係施設かどうかはわからないけど、
宿の反対側にある建物は古くて雰囲気があってものすごいかっこよかった。

さて、ここら辺でオレらも帰路につかないと
仕事に行けなくなるね。
おりゃりゃりゃりゃりゃ~、と関越を飛ばします。
おかげで2時間ジャストで都内に戻ってきました。

いやいや、眠い中1日付き合っていただいて、
本当にありがとう。
また是非行きまっしょい。

e0082441_21365093.jpg

あ、そうそう、小腹が空いたので夜食に
野沢にある「せたが屋」に行ったんですよ。
少し並んだけど、やっぱりうまいっす。
[PR]
by porori001 | 2006-07-19 21:38 | ぽろりの温泉散策記【長野】