2007年 07月 24日 ( 1 )

2007/7/23  救済

救済ってなんだろう。

オレは心の中に君に救いを求めている。
だから現実の世界でも君に会いたいと思うし、
実際に会おうとする。

神とかそういった言葉で表現できるのならば非常に楽なのだが、
残念ながらオレはそういったものを期待しているわけではない。
仮に女の子だとしても肉体を重ねたいとも思わないし、
愛の言葉を重ねたいとも思わない。
やろうと思えば引きずりまわせるだろうし、
殴ることだってできるだろう。
ただ、オレを救ってくれることだけを望んでる。

でも、現実の世界では君はけしてオレにとっての救いの存在ではなく、
むしろ君の存在をもってオレは更なる苦悩を味あわされる。
なぜなら、救いだと思っているものが
オレにとっては全く何の意味も持たない物であったと知った時、
言いようもない絶望的な心境に落とされるからだ。

オレにとって救いとなるものは、
オレの心の中に描いているものだけなんだ。
だから、それが現実の世界に無い以上、
非現実的なものだしそれを期待するのは筋違いだ。

だけど、人間というのは弱い生き物だから、
有り得ないと思っているものでも「ひょっとしたら」と考えてしまう。
時として見せる笑顔であったり優しい言葉とかで、
十分に精神を犯されてしまう。

君の言葉はオレにとって邪教の言葉であって、
君の存在はオレにとって有害なものでしかない。
足元にすがりつきたいとも思うが、
すがったら最後、オレはもう人としてのまっとうな精神を持つことができないというのも、
わかっていることだ。

でも、他の誰かがオレを救ってくれるとは思えないから、
いつまでもオレは救済と絶望の狭間で苦悩するだけなんだ。
いつか自分で自分を救うだけの力が備わらない限り、ね。
[PR]
by porori001 | 2007-07-24 00:47