2007年 02月 07日 ( 1 )

2007/2/6  優雅なアイツ

先ほど洗濯物を取り込んだら一匹の蝶、もしくはガがひっついていました。

こんな季節に蝶がいるとは思えず、
しかし、触覚も巻いていないし飛び方もひら~ひら~と優雅なので
ガではないような気もします。

ただ真っ黒で背中に鮮やかな柄が描かれていました。
青と言うか紫と言うか不思議な色でした。
この部屋に立ち入ってくるとは良い度胸だ。
オレと戦うつもりか。

しかし、この蝶だかガだかわからない生き物は、
オレの動揺を一切気にせず優雅に部屋の中を飛び続けているではないか。
あんまりゆったり飛ぶものだからいつしか追い回すのもやめて、
部屋の真ん中に座って周りを飛ぶこの生き物を見いってしまいました。

不思議なもので引っ付いていた時は声がでるほどびっくりしたのに、
ずっと見ていると何か妙な親近感がわいてきた。
なんだってオレの部屋に入ってきたのか。
何かオレに言いたいことでもあるのか。

でもね、君がこの部屋にずっといることはできないのだよ。
しばらく見ていた後、そう思って再び追い出しにかかりました。
なかなか思うような方向に逃げてくれず、
窓から追い出すには苦労しました。
なんとか、窓から飛んでいった頃には、
目が回っちゃいそうだったよ。

まあ、こんな夜もあるもんだ。
[PR]
by porori001 | 2007-02-07 00:31