2006年 11月 12日 ( 2 )

2006/11/11  エッシャー展に行ってきました

エッシャー展に行ってきました。

特に絵が好きと言うわけではないんですが、
まあエッシャーならネタにもなりそうだし。
実際、生のエッシャーの作品を拝めるなら良いものかと。

エッシャー、すごいね。
版画ってあんまり見る機会がないんだけど、
斜め線や十字線や横線等の組み合わせで遠近感や物の形を表現していました。
絵だったら輪郭がありそうなのに版画は色の強弱が出せないから、
角度や形で遠近感を出しているんでしょうか。
詳しくはわからないけど、とにかく版画って凄いなあと感心しました。

たまたま初日だったため結構な人がいましたね。
もちろん
e0082441_13532793.jpg




e0082441_13534527.jpg


も置いてありました。

いやあ、昔何かの本とかで見たような絵が目の前にあるって言うのは、
どんな人でも感慨深いのではないでしょうか。

希望者には無料で音声ガイドが聞ける端末を貸し出していました。
それが、なんとですね。
Nintendo DSなんですよ!
オレ、初めて触った。

エッシャー展、いろんな意味でおススメです。
[PR]
by porori001 | 2006-11-12 13:57

2006/11/10  モリエンテス

スペイン代表にモリエンテスが戻ってきました。
当然と言えば当然です。

モリエンテスは偉大な選手です。
彼は今までのサッカー人生、
渡り鳥のように様々なチームを移籍させられてきました。
しかし、彼はほぼその全てのチームで結果を残してきています。

もっとも印象深いのはレアルマドリードがロナウドを獲得したことにより、
ポジションを失った彼がASモナコへレンタル移籍したときです。
その年のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝は、
彼を手放したレアルマドリードとASモナコの組み合わせでした。

モリエンテスの活躍によりスター軍団レアルは敗退、
ASモナコはクラブ史上初めてチャンピオンズリーグの決勝まで進んだのです。
この大会、モリエンテスは11試合9得点を決め得点王に輝いています。

現在はスペインのバレンシアに所属。
8試合で5得点、得点ランキングも4位に食い込んでいます。

しかし、彼が素晴らしいのはサッカー選手としての能力だけではありません。
彼は本当に周囲の人間に愛されるキャラクターだと言われています。
実際、そうでなければ短期間で様々なチームになじめるわけがありません。

どんな境遇におかれても不平を言わず、
必ず結果を残す男、モリエンテス。
きっとユーロで苦しむスペイン代表の救世主になってくれるはずです。
[PR]
by porori001 | 2006-11-12 13:46