2008/6/16  お香

後輩がグアムに行った土産にお香をもらいました。、
なんかちょっと微妙な香りなので、
使うに使えないのが困りものなのか黙っておかなくてはなりません。

近年オレはお香を好きになったので基本的には家にいるときはずっとお香を焚いています。
とはいえ、いろんな種類のものを知っているわけでもなく、
だいたいありきたりなものを炊いているわけです。
それでも、寝る前とか最高な感じなのです。

ご存知の通りエレクトロニカにはまりだして以降、
かなり非現実な世界への憧れがオレの中でうごめいているのですが、
そんな気分にぴったりなのもまたお香だったりするわけです。

もともとこれは何のためのものなんでしょうか。
なんかの宗教的な儀式のときに使うものなのかな?
お線香とかは仏壇にささげたりするものだからやっぱりそんな感じのものなんでしょうか。
調べりゃすぐ出て来るんだろうけど。

でも、香りって記憶を留めるじゃないですか。
すごい懐かしい匂いをかいだら、その香りをかいでいた時の気持ちまで再現される。
昔よく聞いた音楽を聴いたときにその時の記憶や気持ちが鮮明に戻ってくるのと同じ。

オレにはそんな香りが幾つかあります。
お香じゃないけど、香水とか洗剤の香りとか。
すごく懐かしくて涙が出そうになるときもあれば、
物凄く愛おしい気分になることもありますね。

街中でふとそういった香りに出会ったとき、
オレはどんな顔をしているのでしょうか。
[PR]
by porori001 | 2008-06-17 00:54


<< 2008/6/25  島耕作 2007/6/15  人間のエゴ >>