2007/6/7  ABJ

久しぶりに「「The 山田家」を読んでみた。

オレはマンガなんてものは読まないのだが、
これだけは単行本を買ってしまった。
もうだいぶ前の話だが。

特段何が面白いってわけでもない。
大笑いできるものではないし、
ストーリーも絵も凝っているわけではない。
強いて言えば「やたらテンションが高いこと」が
唯一の特徴なのではないだろうか。

正直言ってオレの原点はそこにあると言ってもいいくらい、
登場人物のテンションの高いユーモアが大好きなんだ。
オレがいつか家族を持つことになったら
ほんとに山田家の全てをみならうと思うよ。
現実の世界ではなかなか難しいと思うけど。

まあ、テンションくらい高く行かないとつまらないからね!
[PR]
by porori001 | 2007-06-08 00:30


<< 2007/6/8  流し 2007/6/6  扇風機 >>