2007/4/8  みしらー

オレは人見知りする人間です。

これは昔から変わらないのだが、
最近特にこの傾向を強く感じる。
だから新しい人と出会うのが非常におっくうだ。

とは言え、こういう人は多いと思う。
だからオレは普通だと思う。
そこで、人見知りをすることによって
どういうことになるか考えてみた。

人見知りをするってことは、
オレは人の本質を見ていない、
うわべしか見ていないのではないかと思う。

例えば、場に自分が知ってる人が多くいれば、
初めての人でも楽しくいろんな人と話すことができる。
しかし、その後そういう人と少人数で会ったとしたら、
人見知りのオレはとたんにオレは無口になるだろう。

最初の時にその人と話しているのではなく、
友人を通してその人と話しているに過ぎないからだ。
おそらく、オレが人と仲良くなれないのは、
オレが相手を見ようとしていないからだろう。

これはきっと間違っていない。
だから、もし人と仲良くなりたいなら、
オレはこの点を改めなくてはいけない。

しかし、人というのは長い付き合いであってもなかなか理解しあうことが難しいものだ。
だから、これから出会う人達と友達になるには、
今自分の周りにいる友達と同じくらい長い時間を共にすることが出来なければ
友達になれないのだ。
今の友人達は今までオレが出会ってきた人の中で「残った」人達なわけで、
おそらく「出会ってきた」人数は何倍もの人数になるだろう。

女性に限定するともっと厄介だ。
ある友人はオレのことを「顔でしか女の子を選ばない」と言う。
しかし、オレの周りには女性の知り合いはほとんどいないのであり、
その人達が言う「中身」を知るほど長い付き合いの人の中から彼女を選ぶのは不可能なのだ。

はっきり言って、オレは顔で選んだつもりは一度も無い。
オレはこんな人間だから贅沢言えないのはわかっているし、
どんな人であれオレに好意を抱いてくれる女性がいるだけで奇跡なんだから、
「顔で選ぶ」なんていう高慢な基準を抱いているはずが無い。

だけど、オレはなかなか女性とは仲良くなれないのだから、
友人からすれば「中身を知るほど仲良くなっていない」イコール「顔で選ぶ」になるのだろう。
オレの中では一定の基準があると思うのだが、それを言葉で表せないので、
結局は「フィーリング」という実体の無い表現になってしまう。
でも、それは実態がない以上うわべだけのものだ。

だから、一歩引いて見てみよう。
今までと違う手法で見たら、
きっと今までとは違ったことが見えるはずだから。

でも、人見知りばっかりは治らないよ。
[PR]
by porori001 | 2007-04-08 23:25


<< 2007/4/9  瀬戸さん 2007/4/7  全力 >>