2005/12/31-2006/1/1 今年もよろしく!

どうも皆さん、謹賀新年です。
皆さんはどのような年越しを過ごされましたでしょうか?

愉快な仲間達もそれぞれの過ごし方があるようで、
一番多いのは「実家に帰って家族と過ごす」。
二番目は「ステディと過ごす」。
う~ん、マンダム。
番外編だと
「夜勤なので職場で過ごす」とか
「友人達とカウントダウン」(←これが少なかったのは意外)とか、
まあ、人それぞれいろいろあるようですね。

ちなみに去年のオレは
「風邪ひいて一人で家で寝ていた」でした。
…。
MAXで悲しい年越し。

で、リベンジぽろり!と言うことで、
今年のオレはぴっころと成田山に行ってきました。
ちなみにわたくしぽろりは千葉県在住でありながら、
未だに成田山詣でに行ったことがないという不届き者。

近年、成田山は川崎大師を越して明治神宮に次ぐ
全国2位の参拝者数を数えると言う巨大仏社。
これには寺社オタクのオレも血が騒ぐ。
もちろん参拝前に軽く飲んでテンション高め。

e0082441_312781.jpg
すげー、すげーよ、お父さん。
もうね、成田山の境内に入る前から大混雑で人波が進まないのね。
明治神宮率が高かったオレからすると境内に入れないっていうのは、
かなりなショックでした。
しかも、この人並みの進まないこと進まないこと。
言うまでも無く、人ごみの中(境外)で新年を迎えることに。
どうなの、これ?

e0082441_3122334.jpge0082441_3164052.jpg
もうね、この風景は年末年始の日本の風物詩だと思うのだが、
冷静に後姿だけ撮ると異様な感じがするね。
あふれんばかりの人間が一箇所に向かって一心不乱に移動する。
ちょっと、東洋の神秘?いやいや、狂気じみてる?
そもそも、これは宗教ですから!
ただ、オレはわりとこういうの好きなんだよね。
わいわいがやがやしてるところで騒いでるって言う感じが、
寂しがり屋のオレにはちょうど良いわけです。

で、とりあえずおみくじも良かったし、一杯飲んで(飲んでばかり)、
次はもちろん初日の出ですよね。
今年の俺達の計画は犬吠崎。
これも若干ミーハーです。
成田から銚子まで「新年初日の出号」という特別列車が出ていて、
中一駅しか止まらないのに1時間半弱もかかるんですよ。
この遠さには「千葉県民ぽろり」も少しびっくり。
改めて千葉の広さを実感しました。
もちろん、ガン寝です。

銚子から銚子電鉄というローカル線に乗り換えて7駅くらい。
犬吠駅につきます。
この銚子電鉄がいい感じのローカル度。
都会育ちのぴっころは驚いてましたね。

歩いて10分くらいかな。
初日の出の名所という割にはあんまり混雑していないかな。
さすがに、みんなここまでは来ないか、遠くて。
着いた頃には少し明るくなってきてて、日の出まで15分くらいだったのかな。
待てど暮らせどお日様は出てこない。
それもそのはず、今日の天気「曇り」なのです。
e0082441_326747.jpg

初日の出直前の空。
空の色がいい感じにきれいでした。

本来ならもうとっくに日が出ていい時間になっているので、
諦めたオレらは灯台のふもとにある土産物屋を物色してました。
すると、突然外から「おお~!」という声が聞こえるではありませんか。
急いで外に出ると、雲が少し晴れその雲の上からお日様がにっこりと…。

これは、オレの行いの良さが幸いしたか!
ものの10分もすると雲間に隠れてしまいましたが、
一瞬でも初日の出を拝めたのは幸運以外の何物でもないでしょう。
e0082441_330352.jpg

最初にオレとぴっころが見ていた方角とはまったく別の方角から日が昇ってきたのは、
あくまで冗談だったと言うことで。

と、まあ、こんな新年を迎えました。
あとは家に帰ってお雑煮作ってガン寝でした。
何はともあれ、愉快な仲間達の皆様、
今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by porori001 | 2006-01-02 03:38


<< 2006/1/2 新年会 2005/12/30 鍋パ >>